オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

あなたは定期? それとも終身? プロが教える「生命保険」選びのポイント

養老保険

養老保険の仕組み

 養老保険は、保障と貯蓄がセットになった保険です。例えば、30歳の人が「60歳満期・1000万円」の養老保険に加入する場合、この期間に死亡すると1000万円の「死亡保険金」が支払われます。そして、何事もなく60歳を迎えた場合には「満期保険金」として、死亡時と同額の1000万円が支払われる仕組みです。

 加入者からすれば、1000万円を確実に受け取れますが、保険料は月2万7000円前後(30歳男性で60歳満期の場合)と高額で、総支払保険料も975万円程度となります。「1000万円をほぼ自分で貯める」というイメージです。

養老保険のメリット/デメリット

【メリット】

・保障を受けながらお金が貯まる

・若い頃は死亡保障として、高齢になったら老後の生活資金として活用できる

【デメリット】

・保険料が高額なわりに死亡時の保障が少ない

・大型の保障が必要な人には向かない

養老保険の種類

 ここでは、養老保険のさまざまな種類を紹介します。

【通常の養老保険】

 死亡時と満期時の保険金が同額で、満期時の保険金は一括で支払われます。

【学資保険】

 学資保険は、子どもが18歳になる時期に満期を設定する養老保険です。18歳の満期までお金を貯めることで、学資を準備できます。また、それまでに父親(母親の場合もあり)に万が一のことがあっても、死亡保険金を学資に充てることができます。15歳の高校進学時に一時金が出るものや、18歳から1年ごとに毎年お金が受け取れるものなど、保険会社ごとにさまざまな商品が販売されています。

【年金型養老保険】

 年金型養老保険は、満期金を一括ではなく年金形式で受け取る養老保険です。10年間の確定年金、15年間の確定年金、生きている限りずっと受け取れる終身年金など、保険会社ごとにさまざまな商品が販売されています。

【外貨建て養老保険】

 外貨建て養老保険は、米ドルや豪ドルなどの外貨で運用される養老保険です。日本円の商品に比べ、予定利率(※1)の高いものが多いですが、為替相場の変動リスクは加入者が負うことになります。長期間にわたる為替相場の変動の影響を受けるため、最終的な投資効果は満期を迎えるまでわかりません。

※1:予定利率は保険商品の指標の1つで、銀行の金利の考え方にやや近い。高ければ高いほど保険料が安くなり、将来の返戻率も高くなる。

1 2 3 4 5 6

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント