• HOME
  • マネー
  • あなたは定期? それとも終身? プロが教える「生命保険」選びのポイント

あなたは定期? それとも終身? プロが教える「生命保険」選びのポイント

「定期」「養老」「終身」。これらを聞いたことがない人は少ないと思いますが、その違いが明確にわかる人はどれくらいいるでしょうか? 「生命保険選びで困っている」「家族構成が変わって見直しを考えている」――。そんな人のために、生命保険の基礎的な仕組みから、それぞれのタイプの特徴までを丁寧に解説します。

生命保険に入る意味

 生命保険は「死亡した時」「入院した時」「働けなくなった時」などの「万が一」や「老後」に備えるものです。毎朝会社に出勤し、給料を受け取り、週末は家族と過ごす。そのような生活が「普通の状態」であれば、「万が一」や「老後」は「普通でない状態」といえます。

 一家の大黒柱が亡くなれば、生活費や学費などをまかなえなくなります。病気やけがで入院した場合も突然の支出が発生します。「働けない」。これは最も深刻で、長期間にわたれば、死亡時と同様の経済問題に苦しむことになります。そして「老後」。これはほとんどの人に関係します。私たちは普段、自分が突然亡くなったり、働けなくなったりすることをイメージできません。しかし、こうしたリスクは基本的に私たち全員が抱えているのです

 そうしたリスクに見舞われた時、金銭面で私たちの生活をサポートしてくれるのが生命保険です。自分のリスクを理解し、それぞれのニーズに応じて生命保険をうまく活用することで、安心して生活することができます。

1 2 3 4 5 6
加藤圭祐先生(保険)

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。