オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 父を亡くした保険屋が思う「葬儀」の不誠実

父を亡くした保険屋が思う「葬儀」の不誠実

「保険」と「葬儀」。いずれも「人の死」と真摯に向き合うべき業種ですが、生命保険のプロである筆者は先日、自らの父の死に際し「不誠実な葬儀」に遭遇しています。記事はその後日譚です。

「死」と向き合う葬儀はどうあるべきか

 筆者は生命保険のプロとして10年以上のキャリアがあります。仕事柄「死」に接する機会は多いのですが、身内を亡くされた方々から「葬儀」に関する不満を耳にすることが少なくありません。まず料金が不明瞭であること、そして、手違いやスタッフの「慣れ」から来る癇に障る言動などがその対象で、多くの人が「納得できないが仕方ない」と感じているようです。

葬儀会社を決めるまでの「時間」

 つい先日、筆者の父が亡くなりました。長年闘病を続け、年齢も80代中盤で「大往生」と言えますが、亡くなった以上は葬儀を執り行う必要があります。お客様から「不明瞭な料金」については随分と聞いていたので、その時が来れば、複数社から見積もりを取るつもりでしたが、ここで直面するのが「時間」です。

 病院で亡くなると、遺体は院内の霊安室に移動されますが、ここに安置できるのは2~3時間程度で、その後は自宅か葬儀会場の安置室に運ばなければなりません。さすがに自分の車に乗せて帰るわけにいかず、まずここで専門業者に依頼する必要があります。つまり、葬儀会社を決めないといけないのです。

 時間がない中、ネットで検索すると「NHKや『ガイアの夜明け』に取り上げられた」といった売り文句がやたらと目立ち、次に「○○万円セット料金」などの言葉が続きます。いざ問い合わせてみると、セット料金とはかけ離れた金額を提示され、それら売り文句とはだいぶ異なりましたが、よくよく説明を聞くと見積もりの内容には整合性があり、決して根拠のない値段ではないのです。

 むしろ「○○万円セット」はとても簡素化されたもので、実際、ほとんどの人は選ばないとのことでした。客寄せパンダ的なものなのでしょうか。そうこうしているうちに、父が葬儀の「共済タイプ」に加入していたことが分かりました。これは、毎月数千円を一定年数積み立てれば、死亡時の葬儀費用をまかなってくれるというもので「葬儀共済」などと呼ばれます。

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。