オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

父を亡くした保険屋が思う「葬儀」の不誠実

「人の死」をビジネスにすること

 問題なく葬儀を執り行ってくれれば、雇用体系は何でもよいのですが、今回のようにトラブルが発生するとその責任の所在はあいまいで、広告手法や料金体系も含め「不誠実」という感想しか持ちませんでした。

 保険屋と葬儀屋。いずれも「人の死」をビジネスにしているため、一般の方からすれば関わる機会が少なく「よく分からない」と思われがちです。しかし、そうであるからこそ、提供する側の姿勢が試されるのだと実感しています。

(株式会社あおばコンサルティング代表取締役 加藤圭祐)

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント