• HOME
  • 暮らし
  • こんなものまで! 知らなきゃ損する「保険」の利用方法

こんなものまで! 知らなきゃ損する「保険」の利用方法

生命保険や火災保険に加入している人は多いはずですが、その補償内容まで正しく把握している人は、少ないはずです。保険のプロである筆者が、「知らないと損」な利用方法を解説します。

保険にはさまざまな利用方法がある

 多くの方は生命保険や、車や家の保険、クレジットカードの付帯保険など、さまざまな「保険」に加入していることと思いますが、その内容や利用できる範囲について正確に把握している、という人は少数かもしれません。

 そこで今回は、保険の「知らないと損」な利用方法について解説したいと思います。

流産による手術やポリープ切除も

【生命保険】

 生命保険で、最も気をつけたいのが「請求漏れ」です。死亡時や入院時などは、保険会社への連絡を忘れることは、ほとんどないと思いますが、人間ドックや日帰り手術などについては「保険の対象にならないだろう」と思い込んで、請求しない場合があります。

 意外なところでは、流産に伴う手術や、胃や大腸のポリープ切除などがあります。これらは、保険会社のルールにもよりますが、手術給付金として支払い対象にしている会社が多いのです。特に、流産にかかわる子宮内清掃術や子宮内掻爬(そうは)術などを受けた場合、精神的ショックもあり、保険請求まで考えが及ばないのです。

 ポリープに関しては、「検査目的ではなく手術と明記してあること」などと、保険会社によって細かいルールはありますが、人間ドックなどで医師から、「ポリープがあるので、取っておきますね」と言われ、あまりに軽い処置で済んでしまうため、本人にも手術の自覚がなく、支払い対象になるとは思っていない方が多いのでしょう。

 しかし、これらも条件を満たせば支払い対象となります。まずは保険各社のサポート窓口に連絡してみましょう。加入の内容にもよりますが、3万~10万円程度の給付金が受け取れる可能性があります。

1 2 3 4

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。