オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

保険業界人が明かす「LGBT向けビジネス」への“本音”

「お金を貯めること」は普遍的

2.老後問題

 同性パートナーがいらっしゃる方の感覚として、「その人とずっと一緒にいるわけではなく老後は一人だろう」と思っているケースが多い気がします。

 こうした人にとって老後の話は切実で、それに関する相談も多いのですが、問題の本質としては、いわゆる「おひとり様」と言われる独身男性/独身女性と何ら変わりません。「お金を効率的に貯めましょう」という話でしかなく、LGBTだからといって特別な条件が存在するわけではありません。

「ゲイ(もしくはレズ)専門の老人ホームが欲しい」といった声も多く、もしかしたら、今後そうしたビジネスが生まれる可能性もあるのです。

3.LGBTの「T」の医療保障

 相談件数として意外に多いのが「T」(トランスジェンダー)の医療保険加入です。トランスジェンダーは性同一障害の人であり、性転換手術などを希望する人です(ここでは便宜上そう定義します)。

「T」にはホルモン剤の投与を受けている人が多いようです。性転換手術をした知人によると、ホルモン剤投与は「体調不良」「風邪を引きやすくなる」などの肉体的影響が大きいため、「入院時の保障が欲しい」と考える人が多いといいます。

 しかし、これはかなり難しいと言わざるを得ません。個人的には、性同一障害を病気と呼ぶことに抵抗はありますが、医学的には「精神疾患」に分類される以上、ホルモン剤を投薬していれば、保険会社は「治療中」と判断します。そうなると、医療保険には加入できません。

 相談に来られる方に「難しいです」とお伝えするのは心苦しいのですが、こればかりは仕方ありません。現実的には「解決できる問題」と「解決できない問題」があり、現場としては、「難しいことのほうが多い」というのが率直な感想です。

「差別」と「特別扱い」の区別は難しい

 こうした問題は今後、企業が「LGBTに理解を」と声を上げることで、解決していくものも多いはずです。その半面、LGBT当人たちに話を聞くと、現在のブームを支持しながらも、一人の個人としては「放って置いてほしい」という“冷めた”意見も見られます。

「差別」でも「特別扱い」でもない――。そのバランスは難しいですが、相手を尊重し、いい意味で「放っておける」世の中になればと思います。

(株式会社あおばコンサルティング代表取締役 加藤圭祐)

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。

コメント