オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

大阪・四條畷市、オンラインの採用面接開始へ 事務職対象、UIターンなど人材獲得狙い

大阪府四條畷市は、LINEの兄弟会社ワークスモバイルジャパンと協力し、ビデオ通話機能を使った採用面接を始めます。

パソコンやスマホで面接が受験可能に(写真はイメージ)
パソコンやスマホで面接が受験可能に(写真はイメージ)

 大阪府四條畷市は8月15日、LINEの兄弟会社ワークスモバイルジャパン(東京都渋谷区)と協力し、ビデオ通話機能を使った採用面接を始めることを発表しました。

 市によると、オンラインでの採用面接は全国の自治体で初めての試み。府外に進学したり、就職したりした市出身者のUターンやIターンのほか、民間企業在職者や子育て中の人など、幅広い人材を取り込むのが狙いです。

 9月からの採用試験で導入し、ワークスモバイルが提供するビジネスチャット「LINEワークス」を活用します。

 オンライン面接は、大卒程度の学力保有者を対象にした「事務職A」と民間企業などの経験者を対象にした「事務職B」の2職種で行い、希望者は1次面接と2次面接をスマートフォンやパソコンのビデオ通話機能を使って受けられます。最終面接だけは、市役所に来庁してもらって実施します。なお、従来どおりの通常の面接を受けることもできます。

 四條畷市の東修平市長は職員採用試験について「日本一応募しやすい環境を整えました」とコメントしています。応募は8月15日からで、9月5日に締め切ります。

(報道チーム)

コメント