オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • 保護施設で“老犬”の魅力を知った経験を漫画に 命は短くとも…向き合う時間はムダじゃない

保護施設で“老犬”の魅力を知った経験を漫画に 命は短くとも…向き合う時間はムダじゃない

動物保護施設での勤務経験を描いた漫画が話題に。施設に勤務する前は若い元気な子犬を飼いたいと考えていた女性でしたが…。

漫画「シニアって愛おしい」のカット=tamtam(tamasisters)さん提供
漫画「シニアって愛おしい」のカット=tamtam(tamasisters)さん提供

 動物保護施設での勤務経験を描いた漫画「シニアって愛おしい」がSNS上で話題となっています。施設に勤務する前は若い元気な子犬を飼いたいと考えていた女性。ところが、施設の老犬と接するうちに、彼らの愛くるしい様子に魅了されるように…という内容で、「この現実を知ってほしい」「泣いた」「考えさせられた」「覚悟がなければ飼ってはダメ」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

保護犬と暮らすことの楽しさ

 この漫画を描いたのは、tamtam(ペンネーム)さんです。動物病院に勤務しながら個人で動物の保護活動も行っています。描いた漫画はインスタグラム上に投稿しています。

Q.漫画を描き始めたのはいつ頃からですか。

tamtamさん「今年6月から描き始めました。動物に関する『保護』『愛護』という言葉、保健所や保護施設についてもっと知ってほしいと思ったからです。『怖い』『悲しい』というイメージが強すぎて、保健所の犬や猫から、目を背ける人が多いと感じていました。私の経験から『楽しい』『うれしい』こともたくさんあるので、それらを感じてほしいと思いました。

そして、一人でも多くの家族に、保護犬や保護猫と暮らすことの楽しさを伝えられれば、殺処分ゼロへの小さな一歩につながるのではないかと思いました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

tamtamさん「『かむ』『ほえる』『言うことを聞かない』など、さまざまな理由で手放すことを考えてしまう方がいらっしゃいます。漫画を通じて、動物と向き合い続けることはムダではなく、その子の一時的な態度で手放すと判断するのはとても惜しいことだと伝えたかったです。

シニアの動物でかわいくない子はいないと思います。犬猫を引き取ろうという時は、ぜひシニアの子にも目を向けていただければと思います」

Q.保護施設の「老犬部屋」とは、どのような場所だったのですか。

tamtamさん「施設で縁がなく、そのまま年齢を重ねてしまった子、新しく保護された老犬などさまざまな子がいました。部屋はスタッフの作業場でもあり、常に誰かがいるような環境でした。老犬は成犬よりも体が弱く入念なケアも必要でした」

Q.tamtamさんが思う「シニア犬」の魅力とは。

tamtamさん「本当にかわいいところだと思います(笑)」

Q.シニア犬や保護犬について詳しく知らない人も多いと思います。ご自身の経験を通じて、どんなメッセージを伝えたいですか。

tamtamさん「犬猫に癒されることと、飼うことは180度違います。言葉を話せない犬猫を飼うということは、とても難しいことだと日々痛感しています。

子猫や子犬を見ると、わずかではありますが恐ろしさを感じるようになりました。犬猫は20年生きることも珍しくなくなってきました。小さな子犬と目が合うと、『この子の目はこれからどんな物を見て、どう感じていくのだろうか』などと考えます。

10年先、20年先を予知することは不可能です。しかし、その子を守れるのは家族だけだと思います。最期まで一緒にいる、自分が癒されるのではなく、癒し続ける、という覚悟を持って接してほしいと思います」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

tamtamさん「『共感した』『感動した』など、うれしい声をたくさん頂きました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

tamtamさん「ブリーダーや保健所の話をできるだけ明るく漫画に描きたいです」

(報道チーム)

1 2 3

コメント