オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

デフレ脱却に効果あり? バーナンキ氏来日で憶測飛び交う「ヘリコプターマネー」とは

使い方次第で「ハイパーインフレの可能性も」

 それでは、ヘリコプターマネーはデフレ脱却に効果があるのでしょうか。西田さんは「インフレになるという意味では効果はあるかもしれませんが、使い方を間違えば、ハイパーインフレになる可能性があります」と警告します。

 ヘリコプターマネーにおいては、政府がどれだけ国債を発行しても(財政赤字を拡大させても)、日銀が引き受けてくれることが前提であるため、国債価格は下落しません。つまり、政府にとっては“痛み”がなく、その分、財政規律が緩んでしまう可能性があるといいます。

 西田さんは「政府が野放図に財政赤字を拡大させて、日銀がそれに合わせて資金を大量に供給すれば、お金の価値は急激に低下します。これがハイパーインフレであり、“悪い円安”です。ヘリコプターマネーを行う場合、その期間や金額を限定するなど厳しい条件をつけることで、政府と日銀が合意する必要があるでしょう」と話しています。

(オトナンサー編集部)

1 2 3

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

コメント