オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

飲み過ぎは太る? 「栄養ドリンク」の栄養素と効果、“疲労回復”のメカニズムとは

疲れを感じたときや、もうひと頑張りしたいとき、「栄養ドリンク」を飲むという人も多いことでしょう。栄養ドリンクに関するさまざまな疑問について、専門家に聞きました。

栄養ドリンクを飲む人は多いけど…
栄養ドリンクを飲む人は多いけど…

 疲れを感じたときや、もうひと頑張りしたいとき、「栄養ドリンク」を飲むという人も多いことでしょう。飲むと体の疲れが和らいだり、頭がスッキリしたりするなどさまざまな効果を感じる人も多いと思いますが、一方で、「昔よく飲んでいた栄養ドリンクの効果が、最近はあまり感じられない」「年齢のせい?」と栄養ドリンクの効果を実感しづらくなった人、「飲み過ぎると太る?」と過剰摂取を気にする人もいます。

 栄養ドリンクの疲労回復効果に関するさまざまな疑問について、専門家に取材しました。

有効成分は「ビタミン」「アミノ酸」「生薬」など

 内科医の市原由美江さんによると、「疲労」の原因として「活性酸素」という物質の関与が考えられているそうです。

「体内でエネルギーが作られるときに発生するのが、活性酸素です。通常は『抗酸化力』によって活性酸素は取り除かれますが、過度な運動や精神的疲労で体に負担がかかったときには、この活性酸素が過剰になります。これによって細胞の機能が低下し、疲労感が生じると考えられています」(市原さん)

 これを踏まえて、疲労回復に対する栄養ドリンクの効果や含まれる栄養素について、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

Q.一般的に、栄養ドリンクにはどのような栄養素が含まれていることが多いのでしょうか。

関口さん「医薬部外品として販売されている栄養ドリンクの主な有効成分は、ビタミン▽アミノ酸▽生薬▽漢方薬▽カフェイン――です。

ビタミンのうち、ビタミンB群は大抵の商品に入っていて、ビタミンB1、B2、B6、B12が全て入っていたり、そのどれかが含まれていたりします。ビタミンB群は『代謝のビタミン』といわれ、糖質や脂質、タンパク質の分解を助け、エネルギー産生を促進させる働きがあり、疲労回復に役立ちます。

アミノ酸は、タウリン、L-アスパラギン酸ナトリウム、BCAA(分岐鎖アミノ酸)などで、肝臓の働きを助け、疲労回復や筋肉の修復、エネルギー源として使われます。ビタミンB2やタウリンなどは抗酸化にも関与しており、疲労の原因といわれる活性酸素の除去にも作用します。

生薬や漢方薬は、植物、動物、鉱物など天然産物由来の薬物です。朝鮮ニンジンやローヤルゼリーがよく知られていますが、他にもさまざまなものが使われており、血行促進、内臓疲労・肉体疲労の回復効果があります。

カフェインは栄養素ではありませんが、中枢神経を興奮させて眠気や倦怠(けんたい)感を取るのに効果があり、刺激物なので、一時的にシャキッとした感じがします」

Q.これらの栄養素のうち、過剰摂取によって人体に影響を及ぼし得るものはありますか。

関口さん「栄養ドリンクに使われる疲労回復成分のうち、ビタミンB群は水溶性で、取り過ぎた分は排出されるので心配いりません。よく、尿が黄色くなることがありますが、あれはビタミンB群によるものです。

アミノ酸は吸収する際の体への負担がなく、取り過ぎた分は尿と一緒に排せつされるため、こちらも心配ありません。アミノ酸もエネルギーになりますが、栄養ドリンクは1本あたり50キロカロリー前後のものが多く、高くても80キロカロリー程度です。許容量として1日2本程度であれば、肥満になる心配はないでしょう。むしろ、代謝のビタミンのB群が多いため、エネルギー効率を高める太りにくい飲み物といえそうです。

一方、生薬や漢方は取り過ぎると、薬ではなく毒素として肝臓が解毒作業を行うため、体に負担がかかることがあります。カフェインも摂取し過ぎると、カフェイン中毒となり、頭痛や心拍数の増加、吐き気、不眠、下痢などを起こすことがあります。さらに、果糖ブドウ糖液糖の取り過ぎは血糖値を上昇させ、カフェイン同様、依存性もあります。

栄養ドリンクの疲労回復成分は即効性がある半面、吸収が早く、体に素早く作用させるよう人工的に作られた成分の塊でもあるのです」

Q.一方で、栄養ドリンクだからこそ摂取しやすい栄養素もあるのでしょうか。

関口さん「特定のアミノ酸や生薬、漢方成分は食事から摂取するよりも簡単に取れますが、バランスのよい食事をしていれば、不足するような栄養素はありません」

Q.栄養ドリンクの選び方のポイントとは。

関口さん「疲労感を何とかしたいときに飲む場合は、タウリンを多く含む商品を選ぶとよいでしょう。タウリンは筋肉疲労を軽減し、運動機能向上により疲れを回復して動きやすくします。また、人工甘味料や香料など添加物の少ないものを選びましょう。

『疲労回復』と一口に言ってもさまざまなパターンがあるため、体調や年齢に合わせて栄養ドリンクを選ぶとよいでしょう。例えば、20代の若年層であれば、エネルギー代謝を整えるだけでも疲労度が改善されるため、ビタミンB1・B2の入ったもの、30代以上はアミノ酸やタウリンなど価格に差が出る含有量のもの、40代以上は内臓疲労や体力減退を懸念し、体の根本から改善する生薬や漢方が使われているものを意識してみてはいかがでしょうか」

1 2

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン

コメント