オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

本場イタリアは使わないのに…日本はパスタに「スプーン」、なぜ使う??

日本ではパスタを食べるとき、フォークと「スプーン」を使う人が多いようですが、イタリアではスプーンを使いません。なぜ、日本ではスプーンを使うのでしょうか。

パスタにスプーンは日本だけ?
パスタにスプーンは日本だけ?

 日本のレストランやカフェでパスタ料理を注文すると、ほとんどの場合、フォークとともに「スプーン」が配膳されます。そして、スプーンの上でパスタをフォークでクルクルと巻き、口に運ぶというのが一般的だと思っている人も多いのではないでしょうか。一方で、テレビの旅番組などで、イタリアの外食や食卓の様子を見ると、パスタをフォークのみで食べ、スプーンを使っている光景は見たことがありません。

 日本ではなぜ、パスタを食べるときにスプーンを使うのでしょうか。料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

「イタ飯ブーム」「たらこスパゲティ」が関係?

Q.イタリアではパスタを食べるとき、一般的にスプーンを使わないのでしょうか。使うのは幼児がパスタを食べるときだけだそうですが、それは本当でしょうか。

関口さん「本当です。イタリアでは、フォークでパスタをクルクルと巻き、口に運んで食べる、つまり、フォークだけでパスタを食べるのが一般的です。まだフォークの扱いに慣れておらず、パスタをうまく巻き取れない幼児期の子どもが補助的にスプーンを使います」

Q.イタリアでは、大人はスプーンを使わないのに、日本ではなぜ、大人もパスタを食べるときに使うのでしょうか。

関口さん「スプーンの上でパスタをフォークに巻くと、ちょうどよい麺量の調整がしやすく、口に入れやすい量に巻き取りやすくなるからです。日本人にとって、パスタは洋食であり、フォークとスプーンを使うのは、洋食を食べるときにナイフとフォークを持つ感覚と同じなのだと思います。麺料理は日本にもたくさんありますが、本格的なパスタ料理としていただく場合、少しでも上品に美しく食べたいという感覚が、スプーンを添えて巻き取るしぐさになったようです。

また、スプーンのカーブがちょうどよく、巻き終わりの麺をひとまとまりにしてくれるので口に入れやすく、口の周りを汚す心配が減って安心だという女性心理があり、特に女性がスプーンを使うことが多いと思います」

Q.いつから、どのような経緯でスプーンが使われるようになったのでしょうか。

関口さん「諸説ありますが、パスタをフォークとスプーンで食べるようになったのは1990年代の『イタ飯ブーム』が影響していると思われます。東京の六本木や青山などの“おしゃれスポット”に格式ばらないイタリアンの店が次々とオープンし、盛んに雑誌やテレビが取り上げるようになりました。デートスポットとして注目され、こぞって若い男女が押し寄せたのです。

当時の『イタ飯』という言葉には、とても粋な意味合いがありました。肩肘張らずに気の利いた食事に誘う言葉であり、マナーや厳格な決まりにとらわれない雰囲気で、おしゃれに食事が楽しめることも魅力となり、スプーンを使ってパスタを食べる女性の姿が美しい所作に映っていたのです。

むしろ、当時は『パスタはスプーンを使うとおしゃれに見える』とし、あえて、スプーンを使う食べ方を身に付けたものです。店側もデートのときにパスタが食べにくい料理とならないよう、女性にはスプーンを供する配慮をしていました。これらは日本独自の風潮で、バブル期の日本が生み出した一つの文化ではないかと思います。

別の説もあります。スプーンが、たらこスパゲティを作るための調理道具だったという説です。東京・渋谷などにあるスパゲティ専門店『壁の穴』の『たらこスパゲッティ』は器にほぐしたたらことバターなどをあらかじめ入れておき、そこに、ゆでたスパゲッティを投入し、スプーンとフォークであえて作るものでした。そのスプーンとフォークをそのまま、皿の縁に添えたため、そのスタイルを他の店でもまねをして、本来、パスタを食べるのに必要ではないスプーンが広まっていったというものです」

Q.「スープパスタ」と呼ばれる料理の場合は、必要なものとしてスプーンが用意されるのでしょうか。

関口さん「スープパスタの場合は必ず、スプーンが用意されています。パスタを食べ終えるとスープが皿に残りますが、余ったスープは飲むことができます。その場合、お皿を口に運ぶのはNGです。そのため、スプーンが用意されます。パンにスープを染み込ませて食べてもよいです」

Q.時々、ネットで「パスタにスプーンは必要か、不要か」が議論になりますが、こうした白黒をはっきりとさせようとする議論は不毛なのでしょうか。お考えをお聞かせください。

関口さん「不毛だと思います。なぜなら、テーブルマナーは一つの目安に過ぎません。料理自体が国の壁を越え、さまざまな融合が進んでいます。フレンチでも和の技法や食材を用い、箸で供されることもあります。お酒をワイングラスで出したり、スープを日本の茶わんや塗り物で出したりすることもあり、その場合はスプーンを使いません。

料理や食事には『楽しむ』という目的があり、新しい食べ方や使い方、調理法を生み出して進化していくものです。伝統的な食べ方にばかりこだわるのは無意味ではないでしょうか。スプーンやフォークなどの道具は食べやすくするためであり、イタリアでは、昔はパスタを手づかみで食べていたそうです。少なくとも日本にいるときは、日本人の感覚の中で、周囲に不快感を与えない食べ方を心掛けたらよいのではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug

管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン

コメント

7件のコメント

  1. 記事の中で「パスタをフォークとスプーンで食べるようになったのは1990年代の『イタ飯ブーム』が影響していると思われます。」との記載がありますが
    伊丹十三監督、映画「たんぽぽ」内でマナーとしてスパゲッティをスプーンを使って食べることを
    馬鹿らしいと揶揄するような場面がありましたので、1985年にはすでにテーブルマナーとして
    一般認知されていたかと思います。

  2. もういい加減この手の都市伝説に惑わされるのやめませんか。スプーンを使う使わないなど議論するのは日本人だけです。1986年ごろイタリア人からパスタでスプーンを使うマナーを学びました。お礼に寿司の食べ方を教えましたが(笑)
    スプーンを使うと食べやすいです。子供しか・・との話もありますが、これも日本の都市伝説なのでしょう。イタリアやNYのリトルイタリーでは大人もスプーンを使っています。ただし大衆食堂は別でフォークしか出てきません。
    1974年公開の映画「ゴッドファーザーpart2」ではイタリア移民たちがパスタを食べるシーンがあります。首からナプキンを下げてスプーンを使う人もあれば使わずに食べる人、それぞれです。
    イタリアに造詣の深い、ヤマザキマリさんのエッセイに「パスタ嫌い」というのがありますがマナーなんて二の次なのでしょう。
    私の意見の反対の方、どうぞ✖をください。
    イタリア人と日本人のメンタリティーを議論する格好の材料になりそうです。
    楽しみにしています。

  3. いかにもイタリアでは使わないということ前提でのこととして記事は進行していますが、きちんとしたダイニングの場においてはスプーンを使うこととこは珍しくありません。それを、いかにも、という語りでまとめるのはいかがなものでしょうか? イタリアでロングパスタが供される時にスプーンが出されたことなんかいくらでもありますよ。大衆的なレストランでなら別ですよ。この記事を見て、オトナンサーとは、どういう媒体なのかと深く追っているうちに、ここまで到達しました。最初に結論ありきの、似非ジャーナリズムであると思いました。これだと、かつてフォークの背にライスをのせていた、かつての洋食ダイニングにおけるテーブルマナーについても、独自の解釈がされてしまうのでしょうね。1965年に親の仕事の都合で在英生活をし、両親はバッキンガム宮殿での経済関係者のディナーにも幾度となく出かけ、バカンスの際は周辺国に出かけていくのが当たり前の生活をしていた時、イタリアのそれなりの場での食事をしてきましたが、どうやら階級という意でのクラースレスな日本社会においては、このような決め付けでん記事が当たり前のように通用しているのを久々に見て、しかもそれがこのような大人の問いに対する回答、という意であろうオトナンサーなるオンライン媒体がしていることと知り、とても残念に思いました。今後も結論ありきでの回答者探しでどんどんと決めつけ回答を送り続けてはいかがか?

  4. なんで嘘を言うんだろう?
    テレビの旅番組で見たと書いてるが、欧州に行ってイタリアもスペインもフランスもスプーンを使ってる人は居たよ。
    ピザをフォークとナイフで食べてる人も居た。

    現地に行かないで切り抜きのテレビ番組で決めつけて日本人を馬鹿にする記事を書いてそんなの嬉しいのかね?
    日本の女性で一定数、他人を見下す事に快感を覚える人が居るのは悲しい。

  5. ここまでの意見、女性アドバイザーだから己の言うことをきかそうとするマンスプレイニングがぷんぷんする。

    「ゴッドファーザーpart2」、移民でしかもマフィアでろくな教育を受けてない設定なのに、あれがまともなマナーなわけがない。

    それから欧州で見たというけど、スプーンを使っていたのがアメリカ人観光客だった可能性は?

    スプーンを使ってしかパスタを食べられないのが長文を延々と打つほどそんなに恥ずかしいなら、訓練すればいいのに。

  6. 「日本独自の風潮」とありますが、そんなことはありません。
    私は1980年代後半から欧州に住み、仕事柄あちこちの国の食堂を利用し、中でもイタリアには年数回行きます。
    確かにイタリアのメシ屋では、高級店でも基本スプーンを出しません。が、イタリア語を話さない客がスパゲッティ系を頼むとスプーンを持って来ることが多いです。
    本国以外のフランスやドイツ等では、ほとんどスプーンが出され、セルフサービスでもイタリア人以外の多くは、スプーンを自ら取ります。
    あるときに、懇意にしていたイタリア人のシェフに聞いたら、スプーンを使い始めたのはフランス人だと言っていました。これは彼にとっても伝聞のはずで、Wikiに掲載したら「[要出典]」となるでしょうが、私は信憑性が高いと思っています。
    なお、ここでは「パスタ」とありますが、リガトーニ等でも六・青ではスプーンを出すのでしょうか?
    ブームに乗ってか、料理研究家がスパゲッティ(個称)をパスタ(総称)と言うことこそが、日本的風潮です。
    スプーンを使ってお上品に(小指も立てる?)クルクル巻いて食す。いやー、トレンディですなぁー!

  7. 本場イタリアでスパゲティと呼ばれる料理を
    パスタと呼んでいる事を疑問に思った方が良いでしょう。
    これはマナー以前の問題ですよ。
    イタリア以外の国々では通常スプーンも使われるそうですが
    一部のイタリア人がスパゲティにスプーンを用いない拘りを見せるのは
    マナーというよりもプライドの問題のようですね。