オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 「全裸強要」で消防署長が停職処分、忘年会で越えてはいけない一線とは

「全裸強要」で消防署長が停職処分、忘年会で越えてはいけない一線とは

懇親会で部下に全裸を強要した福井市の消防署長らが懲戒処分を受けました。忘年会などの飲み会が増えるこの季節。今回はお酒で調子に乗るなどして、越えてはいけない一線を越えてしまうケースについて考えます。

同僚との楽しい飲み会も一線を越えてしまうと…

 懇親会で部下に全裸を強要した福井市の消防署長が停職1カ月、消防司令が減給10分の1(2カ月)の懲戒処分を受けた一件――。

 報道によると、2人は今年8月の懇親会の席上、20~30代の男性署員3人を全裸にさせ、この3人はそのまま歌を歌わされたとのこと。事案の発覚を受けて、市の消防局長が謝罪する事態に発展しました。

 忘年会シーズンが近づき、会社や仲間内で飲み会をする機会も増えることと思います。オトナンサー編集部では今回、こうした席で調子に乗るあまり、越えてはいけない一線を越えてしまうケースについて考えます。

 取材に応じてくれたのは、アディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士です。

強要罪が成立する要件や量刑とは

 まず、福井市の事例のように飲み会の席上、部下などに全裸を強要する行為は刑事上の罪に問われるのでしょうか。

 岩沙さんによると、「強要罪」が成立する可能性があります。

 強要罪は「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせる」と成立する罪。上司に逆らえない部下の状況を利用して全裸を強要した場合に、同罪が成立しうるといいます。

 強要罪の法定刑は「3年以下の懲役」です。

1 2

岩沙好幸(いわさ・よしゆき)

弁護士

東京弁護士会所属。慶應義塾大学経済学部卒業、首都大学東京法科大学院修了。弁護士法人アディーレ法律事務所。パワハラ、不当解雇、残業代未払いなどのいわゆる「労働問題」を主に扱う。動物好きでフクロウを飼育中。近著に「ブラック企業に倍返しだ!弁護士が教える正しい闘い方」(ファミマドットコム)。「弁護士 岩沙好幸の白黒つける労働ブログ」(http://ameblo.jp/yoshiyuki-iwasa/)も更新中。頼れる労働トラブル解決なら<http://www.adire-roudou.jp/>。