オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

もう寝苦しくない! 夏の夜を快適に乗り切る「睡眠法」

湿度50~60%ならば除湿機使用を

 快適な睡眠環境を作るためのポイントは以下の通りです。

【エアコン】

 熱帯夜でもスムーズに入眠するコツは、就寝時の室温を少し低めにしておくこと。就寝1時間前からエアコンを26度以下に設定して部屋の壁を冷やしておき、就寝時26度に設定し直すと快適に眠れます。

「最近のエアコンは自動運転により、部屋の温度変化がなければほとんど電力を消費しません。暑さで目が覚めてしまうのを防ぐには、タイマー設定を使わず、26度前後に設定して朝までつけっぱなしにしておくのも手です。ただし、個人差や部屋の広さに応じて快適に就寝できる温度に調整する必要はあります」

 また、湿度は温度以上に重要です。たとえ快適な温度でも、湿度が高ければ中途覚醒が増加する報告もあります。湿度が50~60%以上ならば、就寝前までに除湿機で湿度を下げた上で、冷房で快適な温度に設定するとよいそうです。

【扇風機】

 部屋の気流は体感温度を決める重要な要素の一つですが、風を強くしすぎると逆に快眠を妨げてしまいます。また、扇風機の風を体に向けて眠ると体を冷やしすぎてしまうため、起床時にだるさを感じる原因となります。

「エアコンを使いたくない人は就寝時、足元に扇風機を置いて風を弱めに設定し、壁側に向けて『首振りモード』にしましょう。風を一度壁に当てることで風力が和らぎ、優しいそよ風となって部屋に気流を作ります。この気流が体の熱をゆっくりと下げ、スムーズな入眠と深い眠りにつながるのです」

 ただし、熱中症の危険を考慮すると、風通しの良くない家でエアコンは必須です。

1 2 3 4

小林麻利子(こばやし・まりこ)

ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター

生活習慣改善サロン「Flura(フルーラ)」主催。最新のデータや研究を元に女性の自律神経の改善を行う。睡眠と入浴を中心とした、生活に合った無理のない実践的指導が人気を呼び、サロンは予約1年半待ちの人気。著書に「あきらめていた『体質』が極上の体に変わる」(ダイヤモンド社)、「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジー・ビー)など。

コメント