オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 朝起きられない人は「ガバッと起きずにゴロゴロするとよい」に共感の声、専門家の見解は?

朝起きられない人は「ガバッと起きずにゴロゴロするとよい」に共感の声、専門家の見解は?

朝、ガバッと起きずに、ゴロゴロと体を動かしてから起きると起きやすい――。SNS上で先日、このような見解が話題と共感を呼びました。科学的に見て、正しいと言えるのでしょうか。専門家に聞きました。

ゴロゴロと動いてからだと起きやすい?

 朝、起きられない人のための「起きやすくなる方法」がSNS上で話題になっています。それは「ガバッと起きずに、布団の上でゴロゴロと転がって体を動かしてから起きる」というもの。これに対し「わかる」「私もよくやってる」といった共感の声や、「起きられないっていう思い込みのせいでは」などの意見が寄せられました。

関節や骨格筋が動くと熱が生まれる

 近著に「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジービー)があるナイトケアアドバイザーの小林麻利子さんによると、この方法は実際に「有効」。その理由は、体を動かすことで体温が上昇し、覚醒しやすくなるからです。

「体温が最も低い時刻は朝の4時ごろ。この時刻から体温がどんどん上がっていき、本来であれば、寝起きの際には体温や血圧が上がっているので、起床時は『さあ朝だ』と覚醒できるはずですが、日頃の睡眠不足や、深い眠りの時に無理やり起こされることで寝起きの悪さにつながります」(小林さん)

 しかし、布団でゴロゴロとしていると、関節や骨格筋が動いて熱が生まれることで徐々に覚醒できるとのこと。血流が良くなることも、さらなる覚醒につながります。寝起き→ストレッチ→朝が来た、という感覚が習慣になれば、少し寝起きが悪い朝でも、一日の始まりのスイッチがオンになり、スッと起きられるようになるそうです。

 それでは、正しい体の動かし方とはどのようなものでしょうか。

「簡単で小さな動きから、少しずつ大きくねじるような動きにシフトさせます。はじめは、手は上、足は下の方向へ真っすぐ垂直に伸ばす、いわゆる伸びの状態。その後、手や足の指先をグーパーしたり、手首や足首を回したり。次に、右膝を左側に倒してウエストを大きくひねったり、ひっくり返ったカメのように、仰向けから手足を上に持ち上げ、手や足先の血流を体の中心方向に下ろすようなイメージで前後左右に揺らします」

1 2

小林麻利子(こばやし・まりこ)

ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター

京都市生まれ、同志社大学卒。「美は自律神経を整えることから」を掲げ、生活習慣改善サロンFluraを主宰。睡眠や入浴など日々のルーティーンを見直すことで美人をつくる、「うっとり美容」を指導。延べ約1000人の女性の悩みを解決し、現在は4カ月先まで予約待ち。講演活動やweb連載のほか、テレビ、雑誌でも活動中。著書に「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジービー、2016年11月)がある。ブログ(http://ameblo.jp/mariko-kobayashi/)。