オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 欧州で睡眠障害のリスク指摘…「サマータイム制度」は生活リズムや健康を壊さないのか

欧州で睡眠障害のリスク指摘…「サマータイム制度」は生活リズムや健康を壊さないのか

睡眠時間の変化に伴う、健康への影響が指摘される「サマータイム制度」。導入国で暮らす日本人や、睡眠の専門家はどのように考えているのでしょうか。

サマータイムが健康に与える影響とは?
サマータイムが健康に与える影響とは?

 2020年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、猛暑対策として導入が検討されている「サマータイム制度」(夏の時間を1~2時間繰り上げる制度)。一方で、1970年代から夏時間が定着している欧州では、夜間の省エネ効果が乏しいことや健康への悪影響から、廃止の是非を巡る議論が活発化しています。欧州議会が昨年10月にまとめたリポートでは、生活リズムの変化による睡眠障害のリスクが指摘されました。

導入国在住の日本人からも賛否

 実際にサマータイムを実施している国で生活している日本人は、同制度や、時間繰り上げに伴う睡眠リズムの変化について、どのように感じているのでしょうか。賛成派、反対派、それぞれの声を紹介します。

【賛成派】

「幼稚園の子どもがいますが、サマータイムは子どものためにもとても良い制度だと思います。涼しく園庭で遊べる時間が増えるからです。夏は本当に暑く、どんどん気温が上がっていくので、1時間繰り上がるだけで体感温度が全然違います。始まる日も終わる日も毎年日曜日で、たったの1時間なので、生活リズムが狂って困ったという経験はありません。

通っている幼稚園からも、特にインフォメーションはありませんでした。心掛けとしては、切り替え前日の土曜日は、切り替え後の生活リズムの時間に朝起こして、昼寝や就寝時間も切り替えるようにしています」(米国在住・35歳女性)

「仕事後の時間が充実するので賛成です。切り替わった直後は時差ボケのような状態が続きますが、体調を崩すほどではありません。サマータイムの開始日と終了日は日曜日で、仕事も町中の店も休みなので、のんびり過ごしています」(ドイツ在住・26歳男性)

「開始日を忘れて、レストランの予約時間を間違えたことがあります。そういう切り替わり時の煩わしさがあることは確かです。ただ、こちらは日本の街のような明るいネオンがないので、太陽の出ている時間の活動時間が増える制度は、経済的にも、個人の余暇の充実という面でも必要だと感じています。明るい時間に外で活動できなければ、夜によく眠ることもできません」(フランス在住・42歳男性)

【反対派】

「個人的には、サマータイムはなくてもよいと思っています。明るい時間が続いて夜遅くまで遊べるのがうれしい半面、子どもの寝かしつけが大変です。夏時間開始直後は、子どもの就寝時間になっても室内がまだまだ明るいので、ロールスクリーンカーテンを買って部屋を暗くする工夫をしています」(オーストリア在住・37歳女性)

「睡眠のリズムが狂うので、切り替わり時は疲れやすくボーッとしてしまうことが多いです。開始直後の3月は、子どもの登校時間になっても外がまだ暗いので、スクールバス乗り場まで懐中電灯を持って送っています」(米国在住・33歳男性)

「面倒の方が多く、あまりメリットを感じません。昼寝や食事の時間を含めて、せっかく子どもに規則正しい生活をさせようとしても、デイライト・セービング(夏時間)で狂ってしまい、切り替え後数日間はなかなか寝てくれません。期間中は、大人も夜更かしする人が増えるし、健康的な制度だとは思えません」(オーストラリア在住・40歳女性)

1 2

小林麻利子(こばやし・まりこ)

ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター

生活習慣改善サロン「Flura(フルーラ)」主催。最新のデータや研究を元に女性の自律神経の改善を行う。睡眠と入浴を中心とした、生活に合った無理のない実践的指導が人気を呼び、サロンは予約1年半待ちの人気。著書に「あきらめていた『体質』が極上の体に変わる」(ダイヤモンド社)、「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジー・ビー)など。