オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

小林麻央さん&市川海老蔵さん夫婦に思う「妻への感謝」

「最期の言葉」を残せる幸運

 同じく厚生労働省の資料によると、30代女性の死亡原因は以下の通りです。

【30~34歳】

1位=自殺(40.6%)
2位=悪性新生物(16.3%)
3位=不慮の事故(11.1%)
4位=心疾患(8.4%)
5位=脳血管疾患(3.6%)

【35~39歳】

1位=自殺(31.8%)
2位=悪性新生物(21.8%)
3位=心疾患(9.9%)
4位=不慮の事故(7.6%)
5位=脳血管疾患(6.1%)

 この中で「最期の別れ」ができるのは悪性新生物、つまり「がん」だけです。それ以外の自殺、心疾患(心筋梗塞など)、不慮の事故(交通事故など)、脳血管疾患(脳いっ血など)は残された家族からすると「ある日突然いなくなる」ことを意味します。

 今回の海老蔵さんの会見を拝見し、小林さんが最期の言葉として「愛してます」とおっしゃった話を聞くと、最愛の人を家族全員で見送り、お互いに思いを伝えることができたのは、悲しみの中でも数少ない“幸運”かもしれません。

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント