オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【5月24日のマーケット】日経平均続落で1万6498円、上昇2業種のみ

手掛かりなく「海外株式や為替に左右される展開」

 今週は26~27日にG7伊勢志摩サミット、27日に米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長講演を控えますが、八代さんは「手掛かりになる材料に乏しい状況。日経平均は、海外株式市場やドル/円の動向に左右される展開が予想されます」と見ます。

 ドル/円は5月3日の1ドル=105円台から20日の110円台まで「ほぼ一本調子で上昇」していることから、八代さんは「利益確定の円買い・ドル売りが出やすいかも。ドル/円が下落すれば、日経平均の上値が重くなる可能性があります」と分析しています。

(オトナンサー編集部)

1 2

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

コメント