オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

睡眠を快適に! 自分にピッタリ合った「枕選び」のポイント

硬さや素材も大切なポイント

【硬さ】

 硬さの合っていない枕を使用していると、頭をしっかり支えることができず、首や肩の筋肉が緊張して血行不良の原因になります。また、首や頭の重さが分散されにくくなり、神経が圧迫されると不眠症につながる恐れも。

「理想的な硬さは、頭と首を圧迫せずにきちんと支えることができる硬さ。柔らかすぎると頭が深く沈み込んでしまい、首に負担がかかってしまいます。また、頭と枕の接触面が広くなるため、寝苦しさを感じやすくなります。反対に、硬すぎると接触面が少なくなり、後頭部だけで支える状態になるため、首筋が不安定に。硬さは素材によって変わるため、実際に素材別の沈み方を確かめるとよいでしょう」

【素材】

 素材は、リラックスできるかどうかが大きなポイント。熱がこもらず、汗の吸放湿性に優れた、通気性のよいものが最適です。汗をかきやすい人は洗濯できる素材を。

(オトナンサー編集部)

1 2 3

小林麻利子(こばやし・まりこ)

ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター

生活習慣改善サロン「Flura(フルーラ)」主催。最新のデータや研究を元に女性の自律神経の改善を行う。睡眠と入浴を中心とした、生活に合った無理のない実践的指導が人気を呼び、サロンは予約1年半待ちの人気。著書に「あきらめていた『体質』が極上の体に変わる」(ダイヤモンド社)、「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジー・ビー)など。

コメント