オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

睡眠を快適に! 自分にピッタリ合った「枕選び」のポイント

枕が高いといびきや肩こりの原因に…

 また、自分に合った枕を選ぶことも重要です。枕選びのポイントは4つあります。

【高さ】

 枕が高すぎると気管を圧迫していびきの原因になるほか、首筋や肩の凝りが起きやすくなります。反対に低すぎると、血液が頭に下がって寝付きが悪くなり、むくみの原因となります。

「枕の高さとは、頭を乗せて沈み込んだ状態の高さのこと。姿勢や骨の並びに個人差があるように、理想の高さは人それぞれです。また、寝返りによって、仰向けや横向きになるので、各体勢で適切な高さを見定める必要もあります。お店で横になって確認してください」

【大きさ】

 寝返りは、熟睡するために必要な要素の一つ。人は、ひと晩に20回以上の寝返りを打ちますが、寝返りをスムーズに打てずに同じ体勢のまま眠ると、全身の血液循環が悪くなり、疲れが取れにくくなります。

「無理なく寝返りが打てるように、頭が落ちにくく、左右に動いても余裕のあるサイズが理想的です。目安は頭3個分の大きさ。横幅60センチ以上、奥行き40センチ以上あると、肩口までカバーできます」

1 2 3

小林麻利子(こばやし・まりこ)

ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター

生活習慣改善サロン「Flura(フルーラ)」主催。最新のデータや研究を元に女性の自律神経の改善を行う。睡眠と入浴を中心とした、生活に合った無理のない実践的指導が人気を呼び、サロンは予約1年半待ちの人気。著書に「あきらめていた『体質』が極上の体に変わる」(ダイヤモンド社)、「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジー・ビー)など。

コメント