オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

家の所有権は借金肩代わりした弟へ 兄の欲望と焦燥が生んだ争続(上)

工場を経営していた父親の死後、家の土地、建物の所有権が弟に移っていることを知り、詰め寄ってきた兄。その根拠となったのが「遺留分侵害額請求権」でした。

家の所有権が弟にあることを知った兄は…
家の所有権が弟にあることを知った兄は…

「父親の死」は人を豹変(ひょうへん)させるのに十分な出来事です。例えば、今まで悪名高かった兄が金欲しさに善人ぶるケース。これまで仲良しだった兄が、目の上のたんこぶ(父親)が消えた途端に悪人面をするケース。

 もともと疎遠だった兄が、通夜、葬儀、四十九日法要で優等生の仮面をかぶり、「親孝行したいときに親はなし」と号泣。兄弟間の雪解けを期待させておきながら、遺産協議の場で本性をむき出しにし、独り占めを企て、おかしな持論を展開する…もともと悪人だった兄が父親の死をきっかけに極悪人にエスカレートするケース。

 3番目のケースは最悪ですが、兄の手のひら返しに悩まされているのは今回の相談者、鈴木育也さん。

 父親が健在だったとき、鈴木家は“ある事件”によって一家離散の危機に陥りました。兄はもちろん親戚中の誰もが「われ関せず」と無視を決め込んだ中、育也さんだけが救いの手を差し伸べ、父親の借金2000万円を肩代わりするのと引き換えに、実家の所有権を受け取ったのです。

 育也さんのおかげで実家を失わずに済んだのですが5年後、父親が天国へ旅立つと兄が豹変。「お前が勝手にやったことだろ? 俺の取り分を払えよな!」と詰め寄ってきて…。

 確かに、生前贈与は「相続した」と解釈されるので(平成10年3月24日、最高裁判決)、そのせいで兄が遺留分を得られない場合、その分を請求することが可能です(民法1046条、2019年7月新設の遺留分侵害額請求権)。兄の言い分があながち間違っているわけではないので厄介です。

「父は兄に殺されたと思っています。あのことがなければ、父は今でも元気だったはずなんです!」

 育也さんは顔を真っ赤に腫らし、涙ながらに訴えますが、育也さんと兄、そして父親との間に一体何があったのでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名)。年齢は相談時>
鈴木拓也(42歳、一蔵の長男) 町工場経営、独身
鈴木育也(40歳、一蔵の次男) 会社役員、妻子あり ※相談者
鈴木一蔵(享年76歳)     町工場経営
鈴木節子(74歳、一蔵の妻)  専従者

 四十九日法要から2カ月後。兄が育也さんの自宅を訪ねてきたそう。まだ喪中とはいえ、喪服を着た兄の様子は明らかにおかしかったのですが、平日の昼間だったので育也さんは不在。妻が代わりに応対したのですが、兄は「あのときは何もできず、悪かったと思っています」と言って封筒を手渡すと、そそくさと姿を消したといいます。

 封筒には5万円の現金が入っていましたが、妻はこれが何なのかよく分からないまま、取りあえず受け取るしかありませんでした。5年前の事件で兄は一切協力せず、見て見ぬふりをし、育也さんに尻ぬぐいをさせたという経緯があります。当時の罪悪感や劣等感が、父親の逝去をきっかけに芽生えたのかもしれません。

「5年ぶりに当時の書類を見返しました。正直、僕にとって、5年前の事件は思い出したくない出来事でした」

 育也さんはそう振り返りますが、これは兄が仕組んだ巧妙なわなだったのです。それは後日、育也さんが「これはどういうこと?」と兄に電話をかけたときに明らかになったのですが、まずは5年前の事件を掘り下げましょう。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント