オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

条例は実効性乏しく? 子どもはなぜ「オンラインゲーム」をやめられないのか

子どものオンラインゲーム依存を防ぐため、香川県が条例で規制をかけようとしています。なぜ、子どもはオンラインゲームをやめられないのでしょうか。

オンラインゲーム依存をどう防ぐ?
オンラインゲーム依存をどう防ぐ?

 香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)素案」が話題になっています。

 18歳未満の子どもがオンラインゲームの依存症にならないように「ゲームを平日は1日60分まで、休日は1日90分まで」とし、オンラインゲームやSNSなどインターネットの使用について、「夜間の使用は中学生以下の子どもは午後9時まで、高校生などは午後10時まででやめる」などと明記した内容ですが、「実効性が乏しい」という否定的な声も上がっています。

 子どもはオンラインゲームが楽しくて仕方ないと、自らの強い意志でやめられないと大人は考えがちですが、実はやめられない理由はそれだけではないようです。なぜ、子どもはオンラインゲームに夢中になるとやめられないのでしょうか。同素案のように、家庭以外で規制することが必要なのでしょうか。

 青少年のインターネット問題に詳しい、作家でジャーナリストの石川結貴さんに聞きました。

子ども同士の人間関係も背景に

Q.香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)素案」について、どのように思いますか。

石川さん「実効性に乏しく、現実的ではない規制だと思います。素案はオンラインゲームができる時間を『平日は1日60分まで、休日は1日90分までとする』としていますが、こうした時間で区切る規制の方法が現実に即していないからです。子どもに対するオンラインゲームの規制は必要だとは思いますが、実効性があり、現実的な規制でなければ意味がありません」

Q.「時間で区切る規制の方法が現実に即していない」とは、どういうことでしょうか。

石川さん「オンラインゲームは時間を区切ってやめられるものではないからです。素案は、いかにもオンラインゲームの仕組みが分かっていない人が作ったという印象です。そうしたことが見透かされ、世間からの批判につながっているのだと思います」

Q.そもそもなぜ、子どもたちはオンラインゲームをやめられないのでしょうか。

石川さん「ゲームそのものの面白さでやめられないこともありますが、もっと大きな理由は、ゲーム内でつながっている友達や仲間との人間関係にあります。基本的に現在のオンラインゲームは、一人だけでプレイすることが少ないのです。誰かとつながり、チームを組んで遊んでいくというゲームがとても多いのです。

例えば、5人1組でチームを組んで対戦型ゲームをしている場合、途中でメンバーの一人が抜けるとチーム全体の戦力が下がり、他のメンバーから責められたりするのです。特に、日本の子どもたちには“同調意識”が強く、自分だけ抜けると迷惑をかけるとか、みんなに合わせなくてはという空気感が強い。だから簡単にはやめられないわけです」

Q.オンラインゲームをやめられない理由に、子ども同士の人間関係が大きく影響しているのですね。

石川さん「ゲームでつながっている人との人間関係から離れられないから、オンラインゲームをやめられないという子どもが、取材をすると非常に多いです。それを大人が理解せずに、子どもの個人的な問題として『やめればいいでしょ』『何時までに終われないお前が悪い』と責めるのは間違っています」

Q.ではどうすれば、子どものオンラインゲーム依存を防ぐことができるのでしょうか。

石川さん「家庭でしっかりと、子どものオンラインゲームをコントロールするようなルールを決めることです。そのためにまずは、親がオンラインゲームの仕組みを理解する必要があります。具体的には、子どもにどのようなオンラインゲームをやっているのかを聞き、コミュニケーションを取ることです。

まず、子どもがどのようなゲームで遊んでいるのかを本人から聞き、そのゲームについて親が調べてください。スマホやネット検索で簡単に調べることができます。内容を理解した後、子どもとこのゲームの面白さはどういうところなのか、アイテムをどのように集めるのかなど、コミュニケーションを取ってみます。

そして、『このゲームはこういうところが面白いんだね、だから、ついついゲームをやめられなくなるんだね』と理解を示し、『でも、夜中にゲームをするのはよくないよ。どうやってやめるかルールを作っていこうか』と話を進めていきます」

1 2

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。

コメント