オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「悪酔い」とは? しやすい飲み方や対処法、“ちゃんぽん”との関係は?

いろんな種類のお酒を組み合わせて飲む、いわゆる「ちゃんぽん」でなりやすいとの説もある「悪酔い」。どんな症状で、ちゃんぽんは影響しているのでしょうか。

「悪酔い」とは?
「悪酔い」とは?

 コロナ禍が長期化する中、外でにぎやかに、お酒を飲める日々を待ち遠しく思う人も多いと思います。家でも外でも、楽しいお酒の場ではつい飲み過ぎてしまうものですが、そんなときに起こりやすいのが「悪酔い」です。

 ネット上では「いつも飲み過ぎて気持ち悪くなる」「体調がよくないときに飲酒するとだいたい悪酔いする」といった体験談の他、「ちゃんぽんすると悪酔いしやすくなるって本当?」など、いろいろな種類のお酒を組み合わせて飲む、いわゆる「ちゃんぽん」の影響を気にする人もいるようです。

 お酒を飲むときに気を付けたい「悪酔い」について、内科医の市原由美江さんに聞きました。

飲酒後数時間で症状

Q.飲酒をすると体内でどのようなことが起こり、どのような状態になると「悪酔い」となるのでしょうか。

市原さん「アルコールは胃や小腸で吸収され、『門脈(もんみゃく)』という太い静脈を経由して肝臓に運ばれます。肝臓では分解酵素によってアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸に分解されて全身の血液中を巡り、最終的に水と二酸化炭素になります。

このアセトアルデヒドによって、吐き気や頭痛などのいわゆる酔いの症状が出るのですが、アセトアルデヒドの分解能力を超えるお酒を摂取した場合に症状が出やすくなり、飲酒後、数時間で起こります。これを一般的に『悪酔い』といいます。つまり、一度に大量のお酒を摂取したときに悪酔いしやすくなるのです。

ちなみに『二日酔い』は飲んだ翌朝に症状が出ることをいいます。飲んでいる最中には症状がなく、お酒の摂取によって、アセトアルデヒドが翌朝まで体内に残ったために起こります」

Q.いろいろな種類のお酒を組み合わせて飲むことを「ちゃんぽん」ともいいますが、これによって悪酔いしやすくのは本当でしょうか。

市原さん「多種類のお酒を飲むから悪酔いをするわけではありません。多くの量のお酒を飲むことで悪酔いは起こります。ちゃんぽんのときに悪酔いしやすいのは、単純に飲酒の総量が増えているからだと考えられます。

いろいろな種類のお酒を飲んでいると、自分が飲んだアルコールの総量が分かりにくくなりがちです。例えば、『ビール500ミリリットルが適量。日本酒なら1合』と自覚している人でも、ビール、日本酒、ワイン…と飲んでいると、いつの間にか適量を超えてしまうでしょう。

また、お酒の種類が途中で変わることで気分も変わり、つい飲み過ぎてしまうことも悪酔いにつながると考えられます」

Q.悪酔いしやすいお酒や飲み方はあるのでしょうか。

市原さん「アルコールの分解能力以上にお酒を摂取しなければよいので、個人差もありますが、ゆっくりと少しずつ飲むことで悪酔いしにくくなると思います。度数が低い方が悪酔いしにくいので、度数の高いお酒は水や炭酸水などで割って飲んだ方がよいでしょう」

Q.その他、飲酒時に悪酔いしやすい条件とは。

市原さん「風邪や頭痛などで体調が優れないとき、睡眠不足などで体に負担がかかっているときは悪酔いしやすくなる可能性があります。体調不良のときは、飲酒の機会があっても無理をせずに休みましょう」

Q.悪酔いをしてしまったとき、どうするのがよいですか。

市原さん「脱水の状態ではアルコールの分解を遅らせてしまうので、水分をしっかりと取りましょう。それ以上、お酒は飲まずに安静にして休むことが大切です。

自分がどのくらいお酒を飲んだら酔うのか、不快な症状が出るのかは普段、お酒を飲んでいる人ならだいたい分かっていると思います。自分の中の規定量を超えるお酒は避けて、なるべくゆっくりと楽しみながら、お酒を飲むとよいのではないでしょうか。お酒だけを飲むのではなく、水やお茶なども挟んで水分摂取をするといいですね」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント