• HOME
  • マネー
  • SGホールディングスが東証に上場申請、「社会的信頼」獲得目指す

SGホールディングスが東証に上場申請、「社会的信頼」獲得目指す

佐川急便を傘下に抱えるSGホールディングスが東証に上場申請しました。担当者は高レベルのガバナンス体制構築や、社会的信頼の獲得などが目的としています。

傘下の佐川急便は働き方や人材不足などの問題を抱える

 宅配大手の佐川急便を傘下に抱えるSGホールディングス(HD)が6月14日、東京証券取引所に上場申請したと発表しました。公式ホームページで明らかにしました。

「高レベルのガバナンス体制を構築」

 同社は経営ビジョンの中で「アジアを代表する総合物流企業グループへ」を掲げており、担当者は今回の上場の目的として、上場企業として高いレベルのガバナンス体制の構築▽社会的信頼の獲得▽人材確保▽資金調達手法の多様化――などを挙げます。

 同社を巡ってはこれまでも、上場によって調達した資金で企業の合併・買収(M&A)を加速させ、海外の物流網拡大を目指すほか、株式公開によって透明性を高め、企業イメージ改善につなげる狙いがある、などと報じられていました。

 マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミストは「上場することで、監査の目や株主の目を通して経営の透明性を高め、説明責任を果たそうとする狙いがあるのでは」と指摘しています。

(オトナンサー編集部)

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。