オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

コロナウイルスを「正しく怖がりましょう」と専門家、正しく怖がるとは?

専門家の見解もバラバラだったら?

Q.新型肺炎を「正しく怖がる」第一歩として、科学的根拠のある情報を信用することが挙げられると思います。ただ、テレビ番組を見ていると、予防に関する専門家の発言も見解が異なることがあります。どのようにして、医療的に信頼できる情報を見分ければよいですか。

森さん「専門家も、どの視点で捉えるかによって発言が異なることがあるでしょう。国の感染症対策を立てる立場、地域の医療を守る立場、研究者としての立場などそれぞれの視点があります。また、新しい感染症であるため、データが少ない中で見通していることも多いので、これまでの経験や研究によって見解が分かれることもあるでしょう。

私たちがまずアクセスすべき情報は、厚生労働省、国立感染症研究所、首相官邸、外務省など国の機関が発信する情報です。それぞれのホームページには新型コロナウイルス感染症についての特設ページがあり、最新の情報が分かります。

感染症専門医がSNSなどで発信している情報にも、分かりやすく解説されているものがありますが、あくまでも個々の見解であるということを承知した上で参考にしてください」

Q.私たち一般人が未知の病気と遭遇したときに、過剰に反応し過ぎず、「正しく怖がる」ことは難しいのでしょうか。どうすれば「正しく怖がる」ことができますか。

森さん「感染症に限らず、知らない病気に対して不安な気持ちを持つことは普通の反応だと思います。まずは、パニックにならず落ち着いて、信頼できる機関が発信する情報から病気を“知る”よう努めてください。

インターネットやテレビ、週刊誌などは時に、共感を得やすくするためにオーバーな表現をしたり、一方向からの視点で伝えたりすることがあります。また、個人が発信するSNSや口コミなどは情報源が不確かだったり、感情的だったりします。

それらを踏まえた上で情報を選別し、病気を冷静に受け止め、できることをしっかりやる。日々の当たり前のことを継続することが『正しく怖がる』ことにつながると思います」

(オトナンサー編集部)

1 2

森まどか(もり・まどか)

医療ジャーナリスト、キャスター

幼少の頃より、医院を開業する父や祖父を通して「地域に暮らす人たちのための医療」を身近に感じながら育つ。医療職には進まず、学習院大学法学部政治学科を卒業。2000年より、医療・健康・介護を専門とする放送局のキャスターとして、現場取材、医師、コメディカル、厚生労働省担当官との対談など数多くの医療番組に出演。医療コンテンツの企画・プロデュース、シンポジウムのコーディネーターなど幅広く活動している。自身が症例数の少ない病気で手術、長期入院をした経験から、「患者の視点」を大切に医師と患者の懸け橋となるような医療情報の発信を目指している。日本医学ジャーナリスト協会正会員、ピンクリボンアドバイザー。

コメント