オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「タピオカ飲料」を飲むと体調が崩れる? ネットの声の真偽は? 医師に聞く

タピオカ飲料がブームですが、「飲むと体調を崩す」という声も。イカスミで着色した黒いタピオカが、甲殻類アレルギーの人に影響を与えるようです。

タピオカ飲料が体調不良の原因に?
タピオカ飲料が体調不良の原因に?

 世間は空前のタピオカ飲料ブームですが、ネット上では、「タピオカ飲料を飲むと体調を崩す」という声も散見されます。長期間飲み続けたり、飲み方を誤ったりすると体調を崩すのでしょうか。それとも、タピオカそのものに体調を崩しやすい物質が含まれているのでしょうか。内科医の市原由美江さんに聞きました。

タピオカの原料は「キャッサバ」

Q.タピオカ飲料を長期間飲み続けたり、飲み方を誤ったりすると、体調を崩す可能性はあるのでしょうか。

市原さん「タピオカの原料は『キャッサバ』という芋です。主に炭水化物でできているので、タピオカ自体を大量に、または長期間食べたからといって、体調を崩す可能性は低いと思います。

ただ、タピオカは甘いジュースやデザートと一緒に食べますが、甘い食べ物は胃酸の分泌を増やし、食道に胃酸が逆流しやすくなることが分かっているので、逆流性食道炎の症状である胸焼けや胃もたれなどを起こす可能性はあります」

Q.タピオカ飲料を販売するお店の中には、粘着剤や防腐剤を加えて食感や日持ちをよくしたタピオカを使っているところもあるそうです。これらの成分を継続的に体に取り込むと、「胃腸の機能不全につながる可能性がある」との声もありますが、事実でしょうか。

市原さん「通常の食品に使われる粘着剤や防腐剤を摂取することで、胃腸の機能不全につながるかどうかは分かっていません。粘着剤や防腐剤にも多くの種類があり、タピオカ以外の食品にも使われているので、そもそもタピオカに限定して摂取することが危険であるとは言えないと思います」

Q.タピオカ飲料のタピオカは、モチモチした食感が特徴ですが、あまりかまずに飲み込む人もいるそうです。こうした食べ方は、胃腸に負担をかけますか。

市原さん「あまりかまずに飲み込むと消化に時間がかかってしまうので、胃もたれなどの消化器症状を引き起こす可能性があります」

Q.タピオカ飲料に入っているタピオカには、色が黒いものがあります。これはイカスミによる着色で、「甲殻類アレルギーの人がイカスミで体調が悪くなるのではないか」との声もあります。

市原さん「食品でアレルギー症状が出る人は、対象となる食品を直接取っていなくても、食品の中に含まれていればアレルギー症状が出ることがあります。タピオカを着色するためにイカスミが含まれている場合、甲殻類アレルギーの人はアレルギーを起こすので注意が必要です」

Q.外食の際、思いがけずアレルギーの症状が出てしまう食品を食べてしまうことがあると思います。摂取を防ぐ方法はありますか。

市原さん「基本的に、原料表記の確認や店員に確認する以外に、原料にアレルギー症状が出る食品が含まれているかを確認する方法はないと思います。今回のように、『タピオカにはイカスミで着色したものもある』ということを知っておくなど、思いもしない食品からアレルギーが出たという注意喚起の情報を蓄積するしかないのではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント