オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

学校へのスマホ持ち込み許可へ? 「ネット依存」になる子とならない子の違いとは

学校への持ち込みで依存拡大の可能性?

 学校へのスマホ持ち込みに、個人的には大きな危惧を感じています。ネット依存が拡大するかどうか、はっきりとしたことは言えませんが、「可能性」としては大きいと思います。スマホは「使い始めたらやめられない」「使えないと不安」という状況を作りやすいです。持ち込みが許可されれば、通学の途中など「利用時間」も増えるでしょう。つまり、心理的にも物理的にも、いっそうスマホから離れることが難しくなってしまいます。

 さらに、子ども社会の「同調意識」という点から考えても、みんなが使っている(持ってきている)となれば、ますますプレッシャーが大きくなります。スマホ持ち込み禁止の今でさえ、例えば、出会い系などの危険なアプリを使いたくない子どもが、周囲の友達から「家に帰ったらやりなよ」と勧められて断れないという声を聞きます。これが今度は学校帰りに、その場で「やりなよ」と半強制的に勧められるかもしれません。

 校内へのスマホ持ち込みを許可する方針の大阪府では、利用ガイダンスの素案として「学校にいる間は児童生徒が管理」としています。子ども自身が机やカバンの中にしまっておくという方針のようですが、休み時間など先生の目の届かないところでの利用が完全に防げるでしょうか。スマホの校内持ち込みが禁止されている学校でも、こっそり持っていく子どもが少なくありません。

「授業中でも隠れてゲームをやっている」「校内のトイレに入ってSNSをチェックしている」などと話す子どもがいる状況を考えると、今後、ネット依存が拡大する可能性は高いように感じます。

 また、私が気になるのは「校内へのスマホ持ち込み」という方針について、当の子どもの意見はどれくらい反映されているのかという点です。子どもたちを取材していると、「スマホ疲れ」を訴える中高校生が結構います。「スマホがなかったら楽なのに」「スマホ(SNSなど)に縛られて苦しい」「スマホをやめて携帯に変えたい」などと言うのです。

 実際に「持ち込む」ことになる子ども本人の意思はどうなのか、仮に持ち込むとなったら、子ども自身はどんなふうに管理したいのか、彼らの考えをきちんと把握できているのでしょうか。保護者の意見や学校の方針も大事ですが、やはり当事者である子どもの気持ちをしっかりと反映させ、大人と子どもで話し合っていくことが必要だと思います。

1 2 3 4

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。ネット、スマホの利便性の背後にある問題に追った著書「スマホ廃人」(文春新書)は、国公立大学入試問題に採用されている。2020年から共同通信社の配信により、全国の地方新聞で「スマホ世代の子どもたち~大人の知らない最新事情」を連載。テレビ出演や全国各地での講演会など幅広く活動する。その他の著書は「子どもとスマホ」(花伝社)「ルポ 居所不明児童」(筑摩書房)など多数。

コメント