オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「シェアする」「スルーして」…親の「英語交じり日本語」は逆に子どもの英語力を阻害する

子どもに英語をマスターさせるためには?

 子どもに英語をマスターさせたいなら、「日本語と交ざったカタカナ英語」ではなく「完璧な英語」で話しかけることが重要です。

 例として、米国人の父と日本人の母を持つ子どものケースで考えます。家庭内では、父が英語だけ、母が日本語だけを話すようにすると、子どもはどちらもマスターします。これは親と話す時、子どもの脳で「父親=英語」「母親=日本語」とスイッチが切り替わるようになるからです。英語と日本語、それぞれの思考回路を形成することでバイリンガルに育ち、同居の祖父母が完璧なフランス語で話しかけていれば、トリリンガルにもなります。

 このような環境は誰でも簡単に作れるものではありませんが、少なくとも「英語が交ざった日本語を使わない」ことを意識することが、正しい日本語を習得させる上で重要であり、ひいてはきちんとした英語(外国語)が身に付く土台になるでしょう。

 英語のみならず、外国語を話したり聞いたりする時に重要なのは母国語の「語彙力」です。頭の中にある語彙が少なければ、たとえ言語を使うことができても深い理解にはつながりません。

 例えば、同時通訳の仕事は英語を聞いた時、それを意味する言葉としてどのような日本語が最も適切かを瞬時に判断し、相手に正しく伝えることが求められます。つまり、同時通訳の技術は、母国語(日本語)の語彙力をどのくらい緻密かつ豊富に持っているかに左右されるのです。国際人として成功するか否かは母国語の豊かさ次第と言ってもよいでしょう。

 親子のコミュニケーションの取り方は家庭によってさまざまで、正解はありません。しかし、子どもが母国語として日本語を身に付ける大事な時期に、意図的に「カタカナ英語」を盛り込んだり、ビジネスシーンに近い感覚で会話したりすると、子どもの語彙力や理解力の向上を妨げる可能性があることを意識する必要があります。

 英語を学習する時期が訪れるまでに、まずは正しい日本語を家庭で教え、揺るぎない母国語の基礎を乳幼児期に作り上げておくこと。これができれば、子どもは日本語の語彙の数だけ英語を学び、吸収し、「もう一つの言語」として習得してくれるはずです。

(文/構成・ライフスタイルチーム)

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント