オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 脳卒中などで倒れた人に“心臓マッサージ”はNG? 「まずは人工呼吸?」などの声、医師に聞く

脳卒中などで倒れた人に“心臓マッサージ”はNG? 「まずは人工呼吸?」などの声、医師に聞く

脳卒中やくも膜下出血で倒れた人への救命措置として「心臓マッサージは逆効果」とする意見が話題に。「まずは人工呼吸では?」などの声もありますが、実際のところは。

脳卒中で心肺停止、正しい救命措置は?
脳卒中で心肺停止、正しい救命措置は?

 脳卒中やくも膜下出血で倒れた人に施す救命措置に関して、SNS上などで話題になっています。心肺蘇生で大事な役割を担うのが心臓マッサージですが、脳に血管異常がある場合、「(動かしてはいけないから)心臓マッサージは逆効果」とする意見もあるようです。これについて「呼吸をしていなければ、まずは人工呼吸では?」「どんな処置を優先すべきなんだろう」「いざという時のために正しい知識を身につけておきたい」など、さまざまなコメントが寄せられています。救命措置の優先順位について、医師の市原由美江さんに聞きました。

心臓マッサージを最優先に

Q.脳卒中が原因で心肺停止になった場合でも、心臓マッサージや人工呼吸を施してよいのでしょうか。

市原さん「意識のない人や目の前で急に倒れた人に対して、その場に居合わせた人が救急隊に引き継ぐまでに行う処置のことを一次救命処置(Basic Life Support)といいます。心肺停止の時間が長くなるにつれて救命率が下がるため、できるだけ早く救命処置を行う必要があります。

脳卒中の場合、なるべく体を動かさない方がいいのは事実ですが、症状だけで脳卒中と判断することは難しく、心肺停止の原因が何であれ、心臓マッサージをただちに行います。可能であれば人工呼吸も並行して行ってください」

Q.心臓マッサージを「しない方がいい」ケースはありますか。

市原さん「心肺停止の場合に心臓マッサージをしない方がいいケースはありません。例えば、大量出血をしていて心臓マッサージがためらわれる場合があるかもしれませんが、この場合も心臓マッサージを行いつつ、第三者に圧迫止血をしてもらう必要があります。

一次救命処置は、知識がないと正しく行うことができません。全国で定期的に講習会が行われているので、機会があれば参加してみるとよいでしょう」

【一次救命処置(Basic Life Support)の手順】

・肩をたたきながら「大丈夫ですか?」と大きな声で呼びかける

・反応がなかった場合、周囲に協力を呼び掛けて、救急車を要請してもらうと同時に自動体外式除細動器(AED)を持ってくるように頼む

・呼吸の状態を確認する。呼吸をしていなかったり不規則な呼吸だったりした場合、ただちに心臓マッサージ(胸骨圧迫)を開始する。心臓マッサージの目安は1分間に100~120回

・心臓マッサージと人工呼吸の割合は「30:2」。うまくできない場合や血液付着などでためらわれる場合、人工呼吸を省略して心臓マッサージを優先する

・もしAEDが届いたら、まず電源を入れる。音声で手順が指示されるので、それに従い操作する

(ライフスタイルチーム)

1 2

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック勤務。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。

コメント