オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

熱い物でしみることも? 「知覚過敏」の原因や症状、対処法は? 医師に聞く

口の中のトラブルは見えづらい

Q.虫歯や、お口の中の目立ったトラブルがないにもかかわらず、冷たいものや熱いもので歯が痛む場合、どうすればよいですか。

園田さん「口の中は、自分では確認しづらい場所です。一見、何もトラブルがないようでも、実際には隠れた病気が存在している場合があります。例えば、虫歯は見やすい位置にできていれば発見しやすいですが、歯と歯の間にできることがとても多いので、発見は容易ではありません。知覚過敏についても、明らかに歯の表面が欠けてしまっていれば見つけやすいですが、はっきりとは欠けておらず、うっすらと剥げてしまっているだけの場合はとても見つけにくいものです。

なお、虫歯や知覚過敏以外にも、冷たい物や熱い物でしみる症状が出るケースがあります。かむ力が強く、歯にかかる負担が大きくなっていて、歯の周りの歯茎や骨などの組織に炎症が起きている場合です。こちらも口の中にトラブルはないように見えるので、原因の発見が難しいです。このように、一見すると問題はなくとも、実際には治療が必要な場合もあるので、痛みを感じたら我慢せず、できるだけ早く歯科医院の受診をおすすめします」

Q.すぐに歯科医院へ行けないとき、自宅でできる対処法はありますか。

園田さん「冷たい物や熱い物など痛みを感じる刺激を避けること、また、歯ブラシを当てても痛みをさほど感じないのであれば、できる限りしっかりとブラッシングをして、歯や歯茎を清潔に保つことです。虫歯予防としても有効ですが、歯の表面が欠けたり、剥げたりして知覚過敏が起こっている場合、そこに汚れが停滞して虫歯にならないようにする意味でも重要だからです。

また、市販の歯磨き粉には『知覚過敏用』のものがあります。歯科医院で知覚過敏を治療する際の薬と同じ成分が含まれているものもあり、歯がしみる症状を緩和できることがあります」

Q.知覚過敏は治療できますか。

園田さん「治療できます。明らかに欠けていると判断できる場合は、そこに詰め物をして、外からの刺激を遮断します。欠けていることがはっきりとは認められない場合は、しみ止めの薬を塗ることで外からの刺激を遮断します。刺激が遮断できれば、神経は痛みを感じなくなります」

Q.自然治癒することはないのでしょうか。

園田さん「あります。神経には、外からの有害な刺激を感じると、自らを守るために象牙質を厚くして防御する機構が備わっています。外からの刺激が強過ぎなければ、この防御機構が発揮されて、徐々に痛みを感じにくくなっていきます。そして、いつの間にか、全く痛みを感じなくなることも多いです」

Q.知覚過敏を予防する方法や、日常生活上で意識するとよいこととは。

園田さん「先述の通り、知覚過敏の原因の多くはストレスや食生活です。普段から、ストレスをためないようにすること、硬いものを頻繁に摂取し過ぎないことなど、3回の食事時以外で必要以上に歯に負担をかけないことが大切です。歯ぎしりや食いしばりがひどい場合は歯に力の負担が直接かからないよう、マウスピースをすることも有効です」

(オトナンサー編集部)

1 2

園田茉莉子(そのだ・まりこ)

歯科医・医療法人社団正美会 吉祥寺まさむねデンタルクリニック理事

日本大学歯学部卒業。日本大学歯学部歯科病院で研修後、口腔外科を経て2012年4月より現職。クリニックでは、外来診療(一般歯科診療・口腔外科・インプラント・矯正)および訪問歯科診療を行っている。訪問診療は9年の経験あり。吉祥寺まさむねデンタルクリニック(http://kichijoji-masamune.com/)。

コメント