オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

熱い物でしみることも? 「知覚過敏」の原因や症状、対処法は? 医師に聞く

「冷たい物を食べたり、飲んだりすると歯にしみる」という人は多いですが、「熱い物」でも起きることがあるようです。「知覚過敏」について、専門家に聞きました。

「知覚過敏」とは?
「知覚過敏」とは?

「冷たい物を食べたり、飲んだりすると歯にしみて痛みを感じる」。このような経験がある人は多いと思います。虫歯がないにもかかわらず、冷たいものを口にしたときに痛みを感じる場合は「知覚過敏」を疑うケースが多いですが、中には「熱いお茶を飲んだとき」「おでんを食べたとき」など、熱い物を口にしたときに歯が痛むケースもあるようです。

 ネット上では「歯ブラシが当たるだけで痛い」「熱い物でしみたときは激痛だった」などの体験談や、「冷たい物と熱い物とではどう違うの?」「放っておいたら自然に治る?」という疑問の声が上がっています。知覚過敏の症状や、冷たい物と熱い物とで感じる痛みの違いについて、吉祥寺まさむねデンタルクリニック理事で歯科医師の園田茉莉子さんに聞きました。

正式には「象牙質知覚過敏症」

Q.そもそも、知覚過敏とは何ですか。

園田さん「知覚過敏とは、歯磨き時など何らかの刺激が歯に加わったときに短くしみる症状のことをいい、虫歯が原因ではないものを指します。正式名称は『象牙質知覚過敏症』です。歯は口を開けたときに見える頭の部分(歯冠)と、歯茎や顎の骨の中に埋まっている根の部分(歯根)に分けられます。歯冠は3層構造で、歯の中心にある神経、それを覆う象牙質、さらにその外側にあるエナメル質から成ります。

歯根も3層になっていますが、一番外側はエナメル質の代わりにセメント質で覆われています。この、歯の表層を覆うエナメル質やセメント質が何らかの原因で剥げてしまい、象牙質がむき出しになると、その内部にある神経に刺激が伝わりやすくなり、痛みを感じるようになるのです」

Q.知覚過敏と虫歯の違いは何でしょうか。

園田さん「虫歯は口の中の虫歯菌が糖を材料として酸を作り、歯を溶かしていく病気です。虫歯の症状も、冷たい物がしみることから始まり、ひどくなると熱い物もしみるようになってきます。ただし、症状は知覚過敏と似ていても、原因は明らかに細菌です。虫歯は悪くなっている部分を削って取り除かない限り、悪化していきます。治療でその部分を取り除いた後、詰め物をしたり、かぶせ物をしたりして治していきます。

これに対し、知覚過敏の原因は細菌ではなく、歯の表面が物理的に剥げたり、欠けたりして象牙質が表面に露出することによって、さまざまな刺激でしみるようになります。そのため、通常は削って取り除く治療ではなく、欠けてしまった部分が浅ければ、知覚過敏を防ぐ薬を塗り、深い場合には詰め物をして、刺激を遮断することで治します」

Q.「冷たい物で歯が痛む」「熱い物で歯が痛む」の2パターンについて、さらに詳しく教えてください。

園田さん「一般的に、知覚過敏は冷たい物に反応します。中には熱い物がしみる場合や、冷たい物と熱い物の両方がしみる場合もありますが、基本的には一過性で、痛みの持続時間も短いです。

ところが一転して、熱い物で強く長く痛むことがあります。これは、歯の神経が刺激に対して弱っているためだと考えられます(虫歯でも同様の痛みが起こることがあります)。熱い物が強くしみて、冷たい物を口に含むと楽になる場合は、神経が完全に悪くなっていることが多く、治療が必要です。また、熱い物だけ痛みを感じるものの症状がそこまで強くない場合は、歯ではなく、歯茎の炎症が原因の場合もあります。

いずれにしても、知覚過敏の症状が以前に比べて強く出るようになったり、熱い物で痛むように変化したりした場合には注意が必要です。なお、知覚過敏ではその他にも、歯ブラシなどが歯に当たった場合に痛みを感じる『擦過痛(さっかつう)』や、甘い物や味の濃い物を食べたときに感じる痛みもあります」

Q.知覚過敏を引き起こしやすい人の特徴はありますか。

園田さん「先述の通り、知覚過敏はエナメル質やセメント質が欠けたり、剥げたりすることで起こります。これらが欠けるのは、よほどの強い力が歯に加わったときです。硬い物を食べるのが好きな人、歯ぎしりや食いしばりがある人は歯にかなりの負担をかけています。歯並びが歯ぎしりや食いしばりに影響することもありますし、ストレスによって引き起こすことも往々にしてあります」

Q.冷たい物や熱い物で歯が痛むとき、やってはいけないNG行為はありますか。

園田さん「冷たい物や熱い物で歯が痛むのは、歯の中心に存在する神経が痛みを感じているからです。さらに強い刺激を与えてしまうと、神経はその刺激に耐えることができずに弱っていきます。神経が弱ると最終的には死んでしまい、神経を取る治療が必要になる場合があります。そのため、痛みを感じるときには、痛みを誘発する刺激を与えることはNGです。荒療治のように、冷たい物や熱い物をあえて摂取することはしないでください」

1 2

園田茉莉子(そのだ・まりこ)

歯科医・医療法人社団正美会 吉祥寺まさむねデンタルクリニック理事

日本大学歯学部卒業。日本大学歯学部歯科病院で研修後、口腔外科を経て2012年4月より現職。クリニックでは、外来診療(一般歯科診療・口腔外科・インプラント・矯正)および訪問歯科診療を行っている。訪問診療は9年の経験あり。吉祥寺まさむねデンタルクリニック(http://kichijoji-masamune.com/)。

コメント