オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

男は女を「学歴」で選んでいる? 縮小する大卒女性と高卒女性の未婚率差

結婚相手選びの基準はさまざまですが、そこに「学歴」を挙げる人も多いことでしょう。学歴は収入や子どもの教育に直結するためですが、最近では、男性も女性に学歴を求める傾向にあるようです。

結婚と学歴の関係とは…

 結婚相手選びに「愛」が必要なのは言うまでもありませんが、一生涯を共にする相手ですから、愛以外にも収入や家族構成などを考慮する方もいらっしゃるでしょう。とりわけ「学歴」を気にする方は少なくないはず。良し悪しは別としても、学歴による収入格差が現実にある以上、特に女性にとっては「どうでもよい」ポイントではありません。

男性も結婚相手に高学歴を求める

 しかし最近、男性側も結婚相手に高学歴を求める傾向にあるようです。

 昨今「男性の年功序列」による給与体系が崩れ、ひと昔前の「お父さんが外で頑張り、お母さんが家を守る」という専業主婦モデルが成り立たなくなっています。そのため男性も「強いパートナー」を求め、結婚・出産後も仕事を長く続けられる女性との結婚を望んでいるのです。

 これらの条件を満たしやすい、育児休職や時短勤務などの福利厚生が整った「大手企業勤務」や資格が必要な「専門職」の女性は必然的に学歴が高くなります。内閣府男女共同参画局では、50歳時点で「一度も結婚したことがない」男女の割合である「生涯未婚率」に最終学歴の情報を加味したデータを平成2年から10年おきに発表しており、その結果は以下の通りです。

【平成2年(昭和15年生まれ)】

             女性   男性
生涯未婚率の全体平均   4.3%   5.6%
小・中学校卒       3.7%   8.2%
高等学校卒        3.9%   4.3%
大学・大学院卒      8.6%   2.9%

 戦前生まれのこの世代の女性は、小・中学校卒の未婚率が一番低く、つまり「最も多く結婚している」ことになります。一方、大学・大学院卒は8.6%と全体平均の実に2倍。それだけ「生涯独身の可能性が高い」ということです。農業などの一次産業が盛んな時代で、勉学よりも、早く家庭に入って家事や育児、家業に従事することを優先する。そうした価値観が見て取れます。

 逆に、男性は学歴が高ければ高いほど未婚率が低くなる傾向にあります。

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント