オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

子どもの覚醒剤使用は「親の責任」なのか

愛情と甘やかしの境界はあいまい

 念のため申し上げますが、最終学歴が中学卒業だからと言って、それを誹謗するようなつもりは一切ありません。私の顧客にも、苦労して起業し、多くの従業員を雇用している立派な方が大勢いますし、当然ながら多くの方は犯罪と無縁です。

 その上で言うならば、この統計の根底には「貧困」があると思われます。経済的な理由で高校へ進学できない、もしくは荒れた生活を送る。反社会的勢力や悪い仲間と交流し、覚醒剤が身近な存在になる。全てがそのようなケースではないにせよ、貧困がトリガーとなり、負のスパイラルに陥ってしまう可能性は否定できないのです。

 もちろん、当人の意思の弱さこそが最も責められるべきことです。しかし、子どもの精神が発達するまでは、ある程度良い環境を整えるのが親の責務だとすれば、この場合には「親にも責任がある」ことになります。

 また、全犯罪における受刑者の最終学歴を見ても、中学卒業(高校中退含む)は65%程度で推移しており、覚醒剤よりは少ないものの、受刑者の実に3分の2を占めているのです。あくまで統計だけを見れば、犯罪に走るリスクは高等教育を受けさせることで、かなり軽減できるということになり、これら一連の教育をもって「親の責任」をまっとうした、と言えなくもありません。

 とはいえ、実際に我が子が罪を犯した時に問題となるのは前述の通り、家庭で教えるべき倫理観です。一般的には「子どもに甘かった」という結論に達することが多いのですが、我が子がかわいいのは当然で、愛情と甘やかすことの境界は常にあいまいです。こればかりは、家庭によって事情が異なるとしか言えませんが、一人の人間を社会に送り出した親の立場からすれば、子どもが何歳であっても責任を感じないわけはなく、周囲がとやかく言うことではないでしょう。

 しかし、冒頭の芸能人のケースも私の個人的な経験でも、このような問題を起こすのはなぜかいつも息子。男性が圧倒的に多いのです。男性は時に「いつまでも子ども」と評されますが、子どもの頃とは違い罪を犯せば「ごめんなさい」では済みません。親を泣かせ、周囲に迷惑をかける前に踏みとどまってほしいものです。

(株式会社あおばコンサルティング代表取締役 加藤圭祐)

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント