オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

あなたの老後は大丈夫? 基礎から学べる「年金制度」

国民年金

・国民年金の加入者

 国民年金の保険料を納めるのは、20歳以上60歳未満の自営業者、学生、フリーターなどで、サラリーマンや公務員は、厚生年金保険の保険料や共済年金の掛金の中から、国民年金の保険料を支払います。主婦は国民年金に加入していますが、保険料を自分で支払う必要はありません。

【国民年金加入者の種類】

第1号被保険者:20歳以上60歳未満の自営業者、学生、フリーター、家事手伝いなど
第2号被保険者:サラリーマン、公務員など
第3号被保険者:サラリーマンや公務員などに扶養されている配偶者(主婦)

・2階建ての公的年金制度

 サラリーマンは厚生年金保険、公務員はそれぞれの共済組合に加入すると同時に、国民年金の第2号被保険者にもなります。公的年金制度は2階建てで、1階部分は国民年金から、2階部分は厚生年金保険、もしくは共済組合から支払われます。

【2階建ての公的年金制度】

公的年金制度は2階建ての構造になっている

・国民年金保険料

 国民年金の保険料は、平成27年度は月額1万5590円です。平成29年度以降は、月額1万6900円で固定される予定となっています。

1 2 3 4 5 6 7

福島紀夫(ふくしま・のりお)

社会保険労務士法人相事務所代表社員

特定社会保険労務士・経営学修士。大学卒業後、1988年から医薬品商社にて病院、クリニックの営業に12年間従事し2000年に現職に転職。2013年、明治大学大学院経営学研究科修了。組織やリーダーシップ理論等を学び、修士論文は「看護師長のリーダーシップが看護師定着に与える影響に関する考察」。「生産性の上がる組織を作るためには経営者の意識改革も必要」が持論。一般企業や医療機関の経営者目線に立ったアドバイスを行っている。

コメント