オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「FX」の魅力とは-24時間眠らない市場の取引-

FXの注文の種類

「成行(なりゆき)注文」:外国為替レートを指定せず、その時の価格で取引する注文。取引画面に表示された価格と異なるレートで約定することもあります。

【ドル/円のレートが以下の場合】

 買いたい時は「120.04円」で買うことができ、売りたい時は「120.00円」で売ることができます。

 買いたい時は「120.09円」で買うことができ、売りたい時は「120.05円」で売ることができます。

「指値注文」:希望する外国為替レートで取引を予約する注文。現在のレートでは取引したくないけれども、「1ドル=◯◯円まで下がれば買う」「1ドル=△△円に上がれば売る」というように、レートを指定して取引の予約ができます。

「逆指値注文」:希望する外国為替レートで取引を予約する注文。指値注文と同様、レートを指定して売り/買いの予約をすることができますが、「現在より高くなったら買いたい」もしくは「現在より安くなったら売りたい」といった場合に逆指値注文を使います。

「イフダン注文」:2つの注文を一度に出す注文。「もし◯◯円で買えたら、その後△△円で売りたい」(新規→決済)、「もし◯◯円で売れた後に、△△円になったらまた買いたい」(決済→新規)といった具合に、2つの注文を一度に出すことができます。

「OCO注文」:OCOは「One Cancel the Other」の略。2つの注文を同時に出して、そのうち1つが成立した時にもう一方が自動的にキャンセルされる注文です。

(オトナンサー編集部)

1 2 3 4 5 6

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

コメント