オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

いじめになるケースも…「ママ友」同士のトラブルはなぜ起こる? 良好な関係築くには?

母親同士の交友関係「ママ友」は、育児上のメリットがある一方で、トラブルやいじめの発生など負の側面も注目されています。

「ママ友」間のトラブル、なぜ起きる?
「ママ友」間のトラブル、なぜ起きる?

「幼い子どもの母親であること」をきっかけにつながる母親同士の交友関係「ママ友」。子ども同士を遊ばせたり、情報交換ができたりするなど、育児上のメリットがある一方、近年では、ママ友間のトラブルやいじめの発生など負の側面も注目されています。

 ママ友のコミュニケーションがもたらす子どもへの影響について、元千葉県警上席少年補導専門員として、青少年の非行問題や児童虐待問題、子育て問題などに数多く携わってきた少年問題アナリストの上條理恵さんが解説します。

根底に「人よりも優位に立ちたい」感情

 ママ友間のトラブルの根底にあるのが「人よりも優位に立ちたい」という無意識の感情です。ママ(妻)同士ではなく、子どもや夫のステータスが比較対象となる傾向がみられます。特に子どもの比較がなされる場合、「成績」「運動能力」などの順位や習い事の等級、流行のグッズを持っているかどうかに至るまで、「うちの子の方が上」であることをアピールしたいのです。

 スマートフォンがなかった時代、ママ友間のトラブルやいじめは主に「陰口」で、ネガティブな内容でも本人の耳には入らないものでした。しかし、スマホやSNS、メッセージアプリが普及するとともに、かつての陰口は「文字」となり、その対象となる本人の目に触れやすくなりました。

 また、コミュニケーションを目的に企画されたランチ会などを欠席してしまうと、次回から全く声が掛からなくなり、メッセージアプリ内の「グループ」から外されたり、連絡が来なくなったりすることさえあるのです。このように、メッセージアプリ上でトラブルやいじめが可視化されやすい状況が生まれています。

 また、メッセージアプリの登場により、これまでは学校や担任教師を経由して保護者に伝わっていたことが、ママ友間で直接やり取りされるケースもみられるようになってきています。例えば「お宅の子が、○○君に悪さをしている」などの指摘が、学校の介入なしにママからママへ直接告げられるのです。

 こうした状況が生まれる背景には、個人情報の観点から「連絡簿」が姿を消した影響もあるでしょう。「子どもの防犯」を建前に、ママ友間で連絡先を交換・登録し、保護者同士が直接つながっていることで直接的な攻撃が行われ、裏目に出る現状があります。

1 2 3

上條理恵(かみじょう・りえ)

少年問題アナリスト

少年問題アナリスト、元上席少年補導専門員、東京経営短期大学特任准教授。小学校、中学校、高校講師を経て、1993年より、千葉県警察に婦人補導員として、青少年の非行問題(薬物問題・スマホ問題・女子の性非行)・学校との関係機関の連携・児童虐待・子育て問題に携わる。学会活動として、非行臨床学会の会員としての活動も行う。小中学生、高校生、大学生、保護者、教員に向けた講演活動は1600回以上に及ぶ。

コメント