オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

夫がモンスターと化した34歳主婦、精神を追い詰められ「離婚」を断念するまで

離婚を目指した話し合いの中で、相手が突然豹変する「モンスター化」。夫がモンスター化して離婚を断念せざるを得なかった女性のケースを紹介します。

夫がモンスター化して離婚を断念(写真はイメージ)
夫がモンスター化して離婚を断念(写真はイメージ)

「大人気映画に出演の○○が離婚の危機!」

 そうやって大々的に報じられるのは最初だけ。数年もの長きにわたり、何十回も協議を重ねてようやく話がまとまっても、「離婚成立!」の報はひっそりとしたもの。だから、私たちは「離婚の危機!」という第1報の時点で「離婚した」と勘違いするのです。そして、離婚成立の記事が出たら「まだ離婚してなかったの?!」と言うのは毎度のこと。

「もう離婚しかない!」

 そんなふうに覚悟を決めたら、一分一秒でも早く離婚の同意を得て、離婚の条件を詰め、離婚届の空欄に書かせたいところ。初動をしくじると悲惨な展開を辿りますが、これは芸能人でも一般人でも同じことです。なぜでしょうか。

 いかんせん、二人は新婚ではなく離婚直前の夫婦。「夫婦げんかは犬も食わない」というほど醜い罵詈(ばり)雑言が飛び交うのですが、離婚協議はなおさらです。お互い嫌悪感にさいなまれ、不信感の塊で相手の存在は苦痛以外の何者でもありません。

 どちらも最初のうちは「離婚の話をまとめること」を目指していたはずです。しかし、離婚を切り出した方も切り出された方も多大なストレスがかかり、話し合いが長引けば長引くほどストレスは積み重なっていきます。なぜなら、離婚はすでに決定的なのに、まだ籍が入ったままという中途半端な状態を強いられるのだから。

 そして、相手への憎しみが限界値に達するとどうなるでしょうか。突然、相手を困らせよう、傷つけよう、困らせようとし始めるのです。例えば、一度交わした約束をほごにしたり、一度は決めた予定をすっぽかしたり、一度は認めた責任を失念したり…こんな身勝手な態度を繰り返したら離婚は遠のくはずなのに「憎きあいつをやっつけたい!」という気持ちを抑えられない場合です。

 このように相手が突然豹変(ひょうへん)し、別の人格が顔を出すことを「モンスター化」といいます。話し合いが長期化すればするほど、相手がモンスター化するリスクは高まります。

 こうして、前向きで建設的な協議から後ろ向きで批判的な復讐(ふくしゅう)へと歯車が狂い始めます。そして泥沼化の様相を呈し、先が見えなくなるのですが、モンスター化した夫に悩まされている今回の相談者・大室千秋さんの失敗例を元に解説しましょう。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
夫:大室圭太(36歳)→会社員(年収450万円)
妻:大室千秋(34歳)→専業主婦 ※今回の相談者
娘:大室愛奈(4歳)→幼稚園生

1 2 3 4

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント