オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

メアドに「mama」を使う41歳主婦、夫との離婚を決意した先で陥った哀れな袋小路(上)

「離婚」関係の相談を専門とする筆者の元に来る女性では、メールアドレスに「mama」を使用している人が多いようです。41歳専業主婦のケースから、その関係性に迫ります。

メールアドレスに「mama」を入れる女性は離婚しやすい?
メールアドレスに「mama」を入れる女性は離婚しやすい?

 突然ですが、質問です。「mama」の4文字をメールアドレスに入れている女性はどんな人をイメージしますか。これは、大人になって初めて携帯を購入し、最初にキャリアのアドレスを登録する場合ではなく、結婚や妊娠、出産などのタイミングで、元のアドレスを「変更」し、「mama」を入れるという意味ですが、「wife」「woman」「lady」にしないのがミソです。

家族をけなげに支える専業主婦?

 組み合わせの一例を挙げると、息子や娘の名前にして母からの愛情を表現したり(shunya-souta-mama@***.co.jp、sakuchan-mama@***.ne.jp)、自分(妻)ではなく、子どもの生年月日にして誕生日の特別さを確認したり(mama.akito.2010.8.10@***.com)、一家の苗字にして家族の一体感を演出したり(Kimura-family…sweetmama@***.or.jp)(※実際のものを大幅に修正しています)。

「mama」入りのアドレスで高校や大学の旧友、独身時代の同僚、そして同級生のママ友や夫の義母とやり取りしても平気な女性。真っ先に想像するのは、家族をけなげに支える従順な嫁さん、そう「専業主婦」です。育児や家事を一手に引き受け、ワンオペで悪戦苦闘しつつも、全力で家族を守ろうとする家庭的な女性のことですが、今回注目したいのは、409人の「mama」が私のところへ「離婚相談」をしに来たという事実です。家族を第一に考える彼女たちがどうして「離婚したい!」と駆け込むのでしょうか。

 まずは、論より証拠。

 筆者は今まで13年間にわたって「夫婦の離婚」に特化し、相談などの仕事を行ってきました。過去の相談は当事者ごとに名前、住所、相談内容、そして、メールアドレスなどを保存・データベース化し、検索できるようになっています。

 残念ながら、当事者は相談が終わるとメールアドレスを変えることが多いです。なぜなら、プロバイダーのアドレスは引っ越しで、キャリアのアドレスは離婚で、会社のアドレスは転職で使えなくなるからです。過去の相談件数は約1万件ですが、それでも5000件のメールアドレスはまだ有効です。

 前回、紹介したのは「love」(686件)「happy」(321件)「sweet」(115件)「angel」(99件)ですが、今回は「mama」。409人のアドレスに「mama」が含まれていたのです。つまり、「mama」を入れる女性は離婚しやすいことを意味していますが、なぜなのでしょうか。実際の相談事例をもとにひもといていきましょう。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
夫:小崎圭太(45歳)→会社員(年収700万円)
妻:小崎恵梨香(41歳)→専業主婦
長女:小崎湊(14歳)
妻のメールアドレス:minato.mama.love.160629@***.ne.jp

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント