オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • メールアドレスに「love」を使っている女性は離婚しやすい(上)

メールアドレスに「love」を使っている女性は離婚しやすい(上)

「離婚」関係の相談を専門とする筆者の元に来る女性のメールアドレスは、一見前向きな言葉が使用されていることが多いそうです。メールアドレスと離婚の関係とは――。

メールアドレスと離婚の関係とは?
メールアドレスと離婚の関係とは?

「メールアドレスに『****』が入っている人は離婚しやすい!」

 世の中にはオカルト的な都市伝説が吐いて捨てるほど転がっており、信用に値するのは一握り。だからこそ、何を言ってもなかなか信じてもらえないでしょうが、まずは論より証拠。

一見前向きで、幸せを想像させる単語

 筆者はこれまで13年間にわたって、「夫婦の離婚」に特化し、相談などの仕事を行ってきました。過去の相談は当事者ごとに名前、住所、相談内容、メールアドレスなどを保存してデータベース化し、検索できるようになっています。

 しかし、残念ながら、当事者は相談が終わるとメールアドレスを変えることが多いです。なぜなら、プロバイダーのアドレスは「引っ越し」、キャリアのアドレスは「離婚」、会社のアドレスは「転職」で使えなくなるからです。過去の相談件数は約1万件ですが、それでも5000件のメールアドレスはまだ有効です。

 日々の相談の中で、「またか!」という感じで、何十回、何百回と目に飛び込んでくるアドレスがあります。私が気になって上記のデータベースを確認したところ、女性相談者のアドレスには「ある単語」が含まれていたのです。

 多い順に「love」(686件)「happy」(321件)「sweet」(115件)「angel」(99件)という結果でした。一見すると、前向きで幸せで、楽しそうな生活を想像する単語ばかりですが、これらをアドレスに入れている女性は離婚しやすいのです。

 基本的に、離婚の加害者、つまり、不倫や借金、暴力で家庭を壊すような輩は相談しに来ないので、上記の数字はすべて被害者です。この手のトラブルメーカーと一緒になったり、結婚生活の中でトラブルが起きたり、トラブルをやめさせることができなかったりして、離婚に至る女性とはどのようなタイプなのでしょうか。

 今回は「メールアドレス」という共通項をきっかけにひも解いていきましょう(メールアドレスは実際のものを大幅に修正)。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント