オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 【5月2日のマーケット】日経平均大幅続落で1万6147円、ドル/円が一時年初来安値

【5月2日のマーケット】日経平均大幅続落で1万6147円、ドル/円が一時年初来安値

5月2日の東京株式市場で、日経平均株価は前週末比518円67銭安の1万6147円38銭と大幅に続落しました。

円高などを受けて日経平均は前週末比518円67銭安の1万6147円38銭に

 5月2日の東京株式市場で、日経平均株価は前週末比518円67銭安の1万6147円38銭と大幅に続落。東京外国為替市場で、ドル/円が一時1ドル=106円09銭と年初来安値を更新し、前週末の欧米株安や原油安もネックとなりました。

 マネースクウェア・ジャパンの山岸永幸シニアアナリストによると、日経平均は一時1万5975円と4月12日以来の1万6000円台割れ。しかし、ドル/円が1ドル=106円台半ばまで反発すると、徐々に下げ幅を縮小しました。

 業種別では、ガラス・土石、海運、電機、輸送機器などが大きく下げました。

1 2

山岸永幸(やまぎし・ながゆき)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

1986年、ユニバーサル証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社後、株式ストラテジスト、アナリスト、チャーチスト、先物トレーダーなど株式業務全般に携わる。1987年に出向先の大和証券で「一目均衡表」に出会って以降、28年間にわたり、均衡表と実践的な活用法を探究。2012年春マネースクウェア・ジャパン(M2J)に入社。セミナー講師として多数の顧客にノウハウを伝えるとともに多数のレポートを配信。また、さまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp/)。