オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

自分の価値はスーパーのケーキ? クリスマス破局した37歳女性の“本当の気持ち”

食事などしなくても、人柄に触れた楽しいデート

 森田正敏さん(33歳、仮名)は、先日リモートでお見合いをした吉田香苗さん(29歳、同)と交際に入りました。香苗さんは、ある病院に勤める看護師でした。

 職場から、不要不急の外出を控えるようにと厳しく言われていたようで、お見合いもリモートで行われました。交際に入ってから正敏さんが「食事に行きませんか?」とLINEをしたところ、こんな返信が来ました。

「勤め先から、外食はしないように言われています。私がコロナに感染したら、職場に迷惑がかかります。今、医療の現場は本当にピリピリしているんです」

 食事デートができないとなると、今後どうやってお付き合いをしていったらよいのか。まさかこのまま、ずっとLINEやリモートでのやりとりになっていくのだろうか――。一度もリアルで会えないその先に結婚はありません。

 この話を聞いて、私は香苗さんの相談室に、今後どんな形でデートをしていったらよいのか聞いてみました。すると、こんな答えが返ってきました。

「博物館や美術館は今、入場制限をしているところもありますし、そういう場所に誘っていただけたらよいかと思います」

 それをそのまま正敏さんに伝えました。すると彼が言いました。

「博物館や美術館に行って、お茶も飲まず、食事もせずに帰ってくるんですか? 冬の寒い時期に、ただその場所に行くだけのデートは気乗りがしません」

 正敏さんの気持ちも分かります。ただ、今、最も厳しい環境の中で仕事をしているのは、医療従事者の人たちです。仕事で神経をすり減らし、プライベートでもやりたいことを我慢していたら、精神的に追い詰められてしまいます。それではあまりにも気の毒です。

 私はそんなことを正敏さんに告げて、「とにかく一度博物館や美術館に誘って、リアルなデートをしてきたら?」と提案しました。

 すると年末に、こんなLINEが正敏さんから来たのです。

「香苗さんと美術館に行った後に、イルミネーションを見てきました。食事とかお茶はできなかったけれど、歩きながらいろいろ話ができて楽しい時間でした。僕は自分のことばかり考えていたことを反省しました。香苗さんは、お母さんも看護師さんで、『病気で苦しんでいる人たちの役に立ちたい』と働くお母さんの背中を見ながら大きくなったようです。看護師さんという仕事に誇りを持っているようでした。

お茶とか食事ができなくても楽しいデートができることが分かったし、何より香苗さんがすてきな女性だったので、これからいいお付き合いを続けていければと思います」

 相手のことを大切に思い、「好き」という気持ちがあれば、お金をかけないデートも楽しいし、おしゃれなお店での食事をしなくても満足できるのです。

 お見合いは条件ありきの出会いなので、最初はどうしてもお相手の条件ばかりに目が行ってしまいますし、一般的なデートのひな型に自分たちを乗せようとします。しかし、もっとお互いの本質や人柄に焦点を当てていくと、別の楽しみが見えてくることがあります。そうしてよい関係を築いていけた後に、幸せな結婚が待っていると思うのです。

(仲人・ライター 鎌田れい)

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)、YouTube「仲人はミタ チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCObGYwIfj_oY-cm9LlnFmdA)。

コメント