オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

私の順位は低い…返事がないだけでお見合いの意欲喪失、ネガティブ男性が失うもの

ポジティブな人が幸せを手にして、ネガティブな人はせっかくのチャンスを逃していく。「婚活」においても事情は同じようです。

ネガティブな人はチャンスを逃していく…?
ネガティブな人はチャンスを逃していく…?

 婚活を成功させる一番の秘訣(ひけつ)は何だと思いますか? それは、気持ちをいつもポジティブにしていることです。ところが、婚活がうまくいかないことが続いていると、なぜか皆さん、ネガティブ思考になっていきます。そして、せっかくのチャンスを逃していくのです。

勝手にマイナスの想像を膨らませる

 木本武幸さん(38歳、仮名)は、婚活を始めて4年になります。大手の相談所で3年半、活動してきましたが、半年前に「場所を変えて活動したい」と私のところへ面談に来ました。その理由がこうでした。

「3年半活動しても、いい出会いがありませんでした。そこには自分に合った人がいないと思ったので、心機一転、こちらで活動してみたいです」

 こうして、私のところで始めた婚活なのですが、武幸さんの活動を半年間見てきて、うまくいかなかった原因は「いい出会いがなかった」からではなく、彼の考え方にあったのだと私は思いました。

 先日もこんなことがありました。

 吉田美和子さん(35歳、仮名)にお見合いを申し込み、彼女がそれを受けたのでお見合いが成立しました。武幸さんは、お見合い日程の候補を3つ出しました。それを私が、美和子さんの相談室にお知らせしたのですが、相談室からの返信が5日間ありませんでした。その5日間には、土日が挟まれていました。

 すると、武幸さんから私にこんな連絡が来ました。

「美和子さんに日程を出したのに返事が来ない。これはおそらく、彼女の中で私の優先順位が低いからだと思います。この土日で別の人とお見合いをしていて、その結果いかんで、私のスケジュールを出そうとしているのではないでしょうか?

お相手の活動を邪魔したくないですし、このまま日程が出てこないと、私も週末の予定が立てられません。他のお見合いやデートが忙しくて私の日程調整が滞っているのであれば、受諾されたお見合いですが白紙にしてもよいと、美和子さんの相談室に伝えてもらえませんか?」

 この連絡を受けて、私は武幸さんに言いました。

「お返事が遅いのは、仲人さんがお伝えするのを忘れているのかもしれませんし、美和子さんのお仕事が立て込んでいて、落ち着いたらお返事しようと思っているのかもしれませんよ。

『優先順位が低い』とか『土日で別の人とお見合いをしている』というのは、武幸さんの想像ですよね。真実かどうか分からないのに『お相手の活動を邪魔したくない』と思わなくてもよいのではないですか? スケジュールが出てくるまで、もう少し待ちましょう」

 そして、それから2日後にお見合い日程が出てきました。その日程をお伝えすると、武幸さんは言いました。

「待たされていたので、悪い方向に考えを巡らせてしまいました」

 なぜ、お返事が遅かったのか、理由はお相手にしか分かりません。それなのに、勝手な想像を膨らませて「自分の優先順位が低いから連絡をしてこない」と考えるか、「今は仕事が忙しいから連絡できない」と考えるか。返事が遅れている理由をネガティブに考えたら、彼女とリアルでお会いしたときに、ネガティブな考えに引っ張られて、楽しい会話もできないと思いませんか?

1 2 3

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)。

コメント