オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「酒乱」になる人は遺伝子と性格が影響している-酒乱を研究する医師に聞く

ストレスをためず、高度数のお酒を避ける

Q.酒乱は治せるのでしょうか。

真先さん「酒乱は遺伝的な要素があり、完全には治せません。ただ、普段は自分を抑制しないといけない人、自分を出すのを抑えている人はストレスがたまりやすくなります。人間は、ストレスがたまるとお酒をたくさん飲みたくなる傾向があり、普段は抑制している人で酒乱の傾向がある場合、ストレスをあまりためないようにすることで、酒乱になるのを防ぐ対策となります」

Q.薬などで治療することはできないのですか。

真先さん「お酒が嫌いになる薬や、お酒を飲んでも楽しくならない薬もあります。しかし、酒乱になる人はお酒を飲みたいから飲むわけで、仮に処方してもそういう薬を飲まないことが多いです。薬による治療には効果がありません。むしろ、ストレスのような、お酒を飲みたくなる外部要因を減らすことが効果的です。確立した治療法はありません」

Q.自分が酒乱と認識している、あるいは、周囲から言われる場合、お酒の席で周囲に迷惑をかけないためにできることは。

真先さん「酒乱になってはいけないという、心がけしかないのではないでしょうか。酒乱を自覚しているのであれば、どれくらいお酒を飲めば酒乱になるのか分量も分かっているはずですし、アルコール依存症よりも、お酒を飲むことにストップをかける力は残っています。私も酒乱になりますが、今日はやめとこうと思えば酒乱にはなりません」

Q.お酒の席で先に、自分が酒乱であることを宣言してしまうのはどうですか。

真先さん「職場の飲み会や宴席では、グラスなどにお酒がなくなると周囲から注がれることが多いです。気を付けていても、血中のアルコール濃度が知らず知らずのうちに上がり、酒乱になるかもしれないので、宣言するのは一つの方法かもしれません。ただ、周りがちゃんとした人であれば、の話です。宣言する場を間違えると、逆に面白がって注ぐ人がいるかもしれません」

Q.お酒の席で、酒乱の恐れのある人が近くに座った場合、注意すべきことは何ですか。

真先さん「あまり飲ませないことに尽きると思います。私もそうですが、アルコール度数が5%前後のビールなど度数があまり高くないお酒だけを飲み続けていれば、それほど酒乱にはなりません。

途中で焼酎のロックなどを飲み始めると、急激に血中のアルコール濃度が上昇します。アルコール度数の高いお酒を飲もうとし始めたときに、『ビールのままにしておいた方がよい』と声かけをすることができれば、酒乱になるのを防げると思います。上司など立場が上の人が酒乱であれば、なかなか声かけできないかもしれませんが…」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント