オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「カット680円」が写り込んだ“自撮り写真”を見て、お見合いを申し込む女性はいない

連絡は「毎日」が基本

 お見合い後、お付き合いに入り、成婚していくカップルの共通点は、毎日LINEや電話で連絡を取り合い、頻繁に会っていること。つまり、コミュニケーションを取る努力を惜しまないところにあります。

 また、お見合いには「食事3回の壁」というのがあります。

 うまくいかないカップルは、お付き合いに入ったとしても、1度か2度食事をすると「交際終了」になってしまいます。ところが、成婚していくカップルというのは、3回までの食事をトントントンと進めていきます。

 週末にお見合いし、交際になったら、まずはウイークデーの真ん中、水曜か木曜の仕事終わりに軽く食事。そして、その週末の土日どちらかでデートする。翌週は、また真ん中の水か木で食事。こうすると、10日間で3回の食事ができます。

 遠方だった場合、仕事終わりに会うことが難しくても、週末に必ず会う約束を取り付け、3週間のうちに3回の食事をスムーズに進めています。

 コミュニケーションを取らなければ、2人の距離は縮まらないのです。

 先日、入会面談に来た米山貴美子さん(36歳、仮名)に、この話をしました。すると、彼女は言いました。

「私、電話って苦手なんです。LINEやメールのやり取りも、毎日はしたくないです。そうやって義務みたいに毎日連絡を取り合うのって、どうなんでしょうか。それに、10日間のうちに3回も会っていたら、自分の時間がなくなってしまうじゃないですか」

 何も24時間、ずっとお相手と一緒にいるわけではありません。デートしても、帰宅したら自分の時間は持てます。また、結婚したら、お相手と一つ屋根の下に暮らすことになるので、仕事が休みの日は24時間一緒にいることもあるでしょう。

 コミュニケーションを取ることを面倒がっている人には、結婚は向きません。

 私は、貴美子さんに言いました。

「20代の出会いだったら、学校に行けば会える。会社に行けば会える。自分の生活圏内にお相手がいて会話を交わし、そこから人柄を知って恋愛に進展していきましたよね。

でも、お見合いのような出会いは、まったく知らない他人同士が『結婚相手を探す』という目的のために出会うんです。メールでも電話でもいいから『話す努力』『時間を見つけて会う努力』をしないと、お相手の人柄も分かりませんし、二人の距離を縮めることはできませんよ」

なぜ、30・40・50代まで独身でいたのか

 入会面談にやってくる人たちが、よくこんなことを言います。

「20代の時には、付き合っている人がいました。でも、その方と別れてからは、もう恋愛らしい恋愛を何年もしていません」

 それはなぜなのか。周りを見渡してみると素敵な異性は既に結婚していて、恋愛できる候補者がいなくなっているからです。結婚できる相手がもう生活圏内にいないのだから、「結婚したい」と思っている相手をピンポイントで探すために「婚活」をするのです。

 お見合い写真にせよ、交際後の連絡の取り方にせよ、「こうしましょう」という仲人のアドバイスに、ぜひ耳を傾けてみてください。仲人はお見合いを組み、成婚へと導くプロです。自分の考えや意見を押し通すのではなく、言われた通りにやってみてください。

 そうすることで、婚活の新しい道が開けていくと思うのです。

(仲人・ライター 鎌田れい)

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)。

コメント