オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

くまモン批判も…いたずらの“いす引き”に「怖い」「やめて」の声、医師と弁護士に聞く

いす引きの法的問題とは?

 それでは、実際にいす引きによって相手にけがをさせてしまった場合、どのような責任を負うのでしょうか。芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

Q.いす引きの加害者はどのような法的責任を負いますか。

牧野さん「加害者に過失が認められれば、過失傷害罪(刑法209条、30万円以下の罰金または科料)になる可能性があります。また、民法709条の不法行為により、発生した損害の賠償を請求される場合があります。

加害者の過失が認められるかどうかのポイントは、大事故になる可能性を予見できたかどうかです。いす引きの場合、加害者側は単なるいたずらで大事に至ることは考えていなかったとしても、打ちどころが悪くて重症になり、後遺症が残ることがあります。

明らかな故意ではなかったとしても、重大な結果の予見可能性があったと判断されれば、その責任を問われ、発生した損害(治療費など)の賠償責任を負う可能性があります」

Q.加害者が子どもであった場合はどうでしょうか。

牧野さん「加害者が14歳未満の場合、刑事責任は問われません(刑法41条)が、民事責任は問われる可能性があります。小学校卒業の12~13歳前後になれば責任能力(自分の行為の結果、法的に何らかの責任が生じるか判断する能力)があると考えられています」

Q.いたずらによるけがについて、過去の事例や裁判はありますか。

牧野さん「2005年7月、インストラクターのアルバイトとして勤務していた30代女性が、事務所で座ろうとした際、上司にいすを引かれて尻もちをついてしまい、半身全体にしびれと激痛が走り動けなくなり、治療後も股関節が動きにくくなる運動障害が残った事件がありました。

女性は当時勤務していたスポーツクラブ(使用者責任)と上司(不法行為)に約2200万円の損害賠償(経済的損害および精神的損害への慰謝料)を求めて鳥取地裁に提訴しています」

(ライフスタイルチーム)

1 2

牧野和夫(まきの・かずお)

弁護士(日・米ミシガン州)・弁理士

1981年早稲田大学法学部卒、1991年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、1992年米ミシガン州弁護士登録、2006年弁護士・弁理士登録。いすゞ自動車課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、Business Software Alliance(BSA)日本代表事務局長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、国士舘大学法学部教授、尚美学園大学大学院客員教授、東京理科大学大学院客員教授を歴任し、現在に至る。専門は国際取引法、知的財産権、ライセンス契約、デジタルコンテンツ、インターネット法、企業法務、製造物責任、IT法務全般、個人情報保護法、法務・知財戦略、一般民事・刑事。

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント