オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • くまモン批判も…いたずらの“いす引き”に「怖い」「やめて」の声、医師と弁護士に聞く

くまモン批判も…いたずらの“いす引き”に「怖い」「やめて」の声、医師と弁護士に聞く

「いす引き」の危険性を訴えるツイートが話題になっています。体に与えうる影響や法的問題について、専門家に聞きました。

ちょっとしたいたずらで、取り返しのつかない事態になることも…
ちょっとしたいたずらで、取り返しのつかない事態になることも…

 座ろうとしている人のいすを引き、床に尻もちをつかせるいたずら、通称「いす引き」について先日、SNS上で話題になりました。

 軽い悪ふざけのつもりでも、骨折などの大けがをしたり、脳へのダメージによる後遺症が残ったりするケースもあるようです。最近では、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が生放送中、タレントに「いす引き」を行い、ネット上で批判を浴びました。

 SNS上では「知り合いがこれで歩けなくなった」という報告や、「脳脊髄液減少症になるらしい。絶対やめて!」という注意喚起、「怖い」「今思い出しても恐ろしい」などの声が上がっています。

 いす引きがはらむ問題について、医師と弁護士に聞きました。

時間がたってから症状が悪化するケースも

 まず、いす引きの身体的な危険性について、医師の市原由美江さんに聞きました。

Q.いす引き行為にはどのような危険性があると考えられますか。

市原さん「尾骨(尾てい骨)や仙骨(脊椎の下部に位置する骨)などを含む骨盤の骨折、大腿骨近位部骨折、腰椎椎体骨折などが挙げられます。特に腰椎椎体骨折は後遺症として脚のしびれや痛みが残ることがあります。

若い人でもこれらの骨折の可能性はありますが、骨粗しょう症で骨が弱くなっている高齢者は特に注意が必要です」

Q.SNS上では、「いす引きで『脳脊髄液減少症』になる」との投稿が話題となっています。どのような症状なのでしょうか。

市原さん「脳脊髄液減少症とは、脳脊髄液(脳や脊髄を衝撃から保護する液)が減少することによって、頭痛やめまい、耳鳴りなどが起こる症状です。立ったり座ったりしている時に悪化し、横になると軽快するのが特徴です。

いす引きによる衝撃で発症することもありますが、一般的には、腰椎せん刺(髄液検査や腰椎麻酔のために、腰椎のクモ膜と軟膜の間に注射針を刺すこと)や脳の手術後に起こることが多く、他に、交通事故などの外傷や、激しい咳、分娩、スポーツなどでも起こると考えられています」

Q.病院に行くべき目安を教えてください。

市原さん「腰やお尻、足に強い痛みが生じて持続する場合や、足がしびれたり、麻痺が出たりする場合は急いで病院を受診しましょう。骨折や、神経に障害が出ている可能性があるため、放置するとしびれや麻痺が後遺症として残ることもあります。

また、軽い痛みでも持続する場合は念のため受診するとよいでしょう。病院に着くまでは、なるべく痛む箇所を動かさないように、安静にしてください」

Q.時間がたってから症状や後遺症が出ることもあるのでしょうか。

市原さん「脳脊髄液減少症の場合、程度によっては症状がすぐに出ないことがあります。週、月、年単位で頭痛やめまい、耳鳴りなどが徐々に悪化するケースもあります」

1 2

牧野和夫(まきの・かずお)

弁護士(日・米ミシガン州)・弁理士

1981年早稲田大学法学部卒、1991年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、1992年米ミシガン州弁護士登録、2006年弁護士・弁理士登録。いすゞ自動車課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、Business Software Alliance(BSA)日本代表事務局長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、国士舘大学法学部教授、尚美学園大学大学院客員教授、東京理科大学大学院客員教授を歴任し、現在に至る。専門は国際取引法、知的財産権、ライセンス契約、デジタルコンテンツ、インターネット法、企業法務、製造物責任、IT法務全般、個人情報保護法、法務・知財戦略、一般民事・刑事。

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック勤務。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。

コメント