オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

婚活で「結婚不適格者」の女に出会い、人生を狂わされた男たち(上)

「家族カード」で200万円分を利用

 英樹さんは彼女を信頼しきっており、しばらくすると同棲(どうせい)を始めたのですが、早々におかしなことが起こったそうです。携帯会社から「大事なお知らせ」と表書きした封書が届いたのです。中身を見てみると「口座の残高が足りず、料金を引き落とせない」とのこと。英樹さんの手取りは毎月30万円で、今まで5万円は貯金していたのでおかしな話ですが、籍を入れた後もトラブルが続いたのです。

「彼女の希望もあり、『家族カード』を作りました。誰でも使えて、クレジット、キャッシュ、カードローン、全部一緒になっているやつです」

 英樹さんは、苦虫をかみ潰すように言葉を選びましたが、これが決定的な失敗でした。「とにかくカードの使い方が異常ですよ。管理は大丈夫ですか?」と銀行のオペレーターから電話がかかってきたのですが、英樹さんの知らないところでカードローンの利用額が200万円に膨れ上がっていたのです。家族カードを作ってまだ1年しか経過していないので、オペレーターの女性は心配してくれたのですが、英樹さんは「200万円」という数字に気が動転し、詳細を聞かずに電話を切ってしまいました。

「ふざけるな! 一体何をやっているんだ。誰のカードだと思っている」

 英樹さんは彼女へ怒りをぶちまけました。彼女いわく、銀行からの督促状、家賃や公共料金の滞納通知、ローンの明細書などは、ポストに投函されるたびに逐一、処分していたのですが、それだけではありませんでした。英樹さんの知らないところで彼女がハマっていたのは、フリマアプリ。

 英樹さんがクローゼットを開くと、クロコダイルのバックや大きなダイヤのネックレス、エルメスやグッチの財布が出てきたのです。これは自分用ではなく「商品」「在庫」で、クローゼットは「倉庫代わり」。多い時は1日20~30品を出品していたのですが、すべて英樹さんのカードで仕入れていたのだから、悪質極まりないでしょう。もちろん、安く仕入れて高く売ることができれば、誰のお金で仕入れようと迷惑はかかりませんが、売り値が仕入れ値を下回ることも多く、在庫を売りさばくたびに赤字が拡大したのです。

 さらに「運が悪かっただけ」「すぐには止められない、ちょっと待って」「この指輪が売れれば、挽回できる」と往生際が悪く、自転車操業を繰り返したので、ますます借金が膨らんで、200万円に達したのです。それなのに、彼女から謝罪の言葉はなく、揚げ句の果てには「何か文句あるの! いい加減にして」と逆ギレする始末。

「僕は『この人はおかしい』『ついていけない』と思いました。彼女に見切りをつけたのです。私の人生はギャンブではありません。借金まみれになるのは正常な生活とはいえません。ごめんです」

 英樹さんはそう言い残し、1年足らずの結婚生活に幕を閉じたのですが、彼女は結婚と同時に仕事を辞めているので返済能力がなく、彼女が使ったカードローンとはいえカードの名義は英樹さんなので、200万円の借金は英樹さんが返済せざるをえなくなりました。踏んだり蹴ったりです。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

注)離婚手続きに関して、個別事情を踏まえた離婚手続きや離婚条件に関する法的観点からの助言が必要な場合は弁護士に依頼してください。

各都道府県の弁護士会
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/bar_association/whole_country.html

法テラス
https://www.houterasu.or.jp/

コメント