オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

婚活で「結婚不適格者」の女に出会い、人生を狂わされた男たち(上)

外資系の営業でバリバリ働くが…

 2つ目は「浮気」です。中野浩二さん(28歳)が彼女(26歳)と知り合ったのは駅前の語学学校。

「僕の仕事は公務員で駅前の市役所に勤めています。毎日午後5時に仕事が終わるので、正直なところ時間を持て余しており、学校には趣味の一つという感じで通っていました。彼女は何から何まで、僕とは違いました。仕事は外資系の営業でバリバリ働いています。そして『世界を舞台に活躍する』という目標を持っていました」

 浩二さんは幸せそうな表情で語りますが、新婚旅行を満喫して一緒に暮らし始めると、彼女との蜜月に亀裂が入り始めたのです。彼女は通勤でしか車を使っていないのに、1カ月に何度もガソリンを満タンにしていたそうです。

 また、彼女は断りなく外泊することが増えたので、浩二さんが問い詰めてみたところ、「仕事が忙しくて会社で寝泊まりした」「友達の家で飲みすぎたから泊めてもらった」とかわされたため、悪いと思いながら彼女のスマートフォンをのぞき見すると、「あなたの声をずっと聞いていたい」「早く一緒になりたいね」など、彼女がオトコに送った数々のメールが残っていたのです。

 浩二さんは、興信所に依頼して彼女を尾行してもらったのですが、彼女とオトコが車の中で抱き合い、キスをする瞬間の写真、そして1時間近くもイチャイチャしている様子を収めたビデオを手に入れることができました。そこには、車のナンバープレートも鮮明に写っており、彼女の車だということは明らかでした。

「親しくしているオトコがいるんじゃないか!」

 浩二さんは彼女に直談判したのですが、彼女ははじめのうちシラを切って「彼はタダの友達。相談しているだけよ」と、言い逃れを試みたそうです。しかし、浩二さんが確たる証拠を突きつけると、もはや逃げ切れないと悟ったのか、「こんなこと、こそこそ隠れてやっているなんてそれでも男なの? もうアンタのことは信じられないわ」と捨てゼリフをはき、そそくさと荷物をまとめると浩二さんの右頬にビンタをし、そのまま出て行ったのです。

 結局、浩二さんは浮気性の彼女と結婚わずか7カ月で離婚するハメになったのです。

※「下」に続く 

(露木行政書士事務所代表 露木幸彦)

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

注)離婚手続きに関して、個別事情を踏まえた離婚手続きや離婚条件に関する法的観点からの助言が必要な場合は弁護士に依頼してください。

各都道府県の弁護士会
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/bar_association/whole_country.html

法テラス
https://www.houterasu.or.jp/

コメント