オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

婚活で「結婚不適格者」の女に出会い、人生を狂わされた男たち(下)

婚活で「結婚不適格者」に出会ってしまったがゆえに、人生を狂わされた男性たち――。こうした結婚不適格者の女性が引き起こすトラブルは、「お金」「浮気」「暴力」「モラルハラスメント」の4つに分類されるようです。

結婚不適格者に人生を狂わされた男性たち(写真はイメージ)
結婚不適格者に人生を狂わされた男性たち(写真はイメージ)

 婚活で「結婚不適格者」に出会ってしまったがゆえに、その後の人生を狂わされた男性たちのストーリー。今回はその後編です。

彼女への暴行容疑で現行犯逮捕…

 3つ目の「暴力」ですが、石橋純一さん(37歳会社員)は手を小刻みに震わせながら、当時のことを振り返ってくれました。

「彼女と知り合ったきっかけは、ウチの祖母が通っているデイサービスです。彼女はそこで作業療法士として働いており、実家にも出入りしていました」

 純一さんは頑張って働く献身的な彼女の姿に引かれ、「今度食事でも」と誘ったことで交際が始まったのですが、次第に、彼女の異常な性格に悩まされることとなりました。

「彼女には子どもっぽいところがあるのです。ラブラブな時は何も思わなかったんですが、今となれば『甘えん坊』の域を超えていたような気がします」

 純一さんは当時の悪夢を回顧しますが、例えば、食事中に純一さんがトイレに行くと、彼女は純一さんの財布を勝手に開けて硬貨を抜いたり、ポイントカードを隠したり、iPodの音楽データを無断で消したりすることも日常茶飯事。また、彼女は純一さんが先に寝入ると怒り出すそうで、純一さんの寝息が聞こえるとドライヤーを1時間もかけ続けたり、テレビの音量を上げたりして安眠を妨害するのです。

「俺だって疲れているんですよ。翌日の朝早いのに、たまったものではありません!」

 さすがの純一さんも我慢の限界を超えたようで「少し距離を置きたい。連絡してこないでほしい」と一報を入れた上で、彼女との連絡を完全に断とうとしたのですが、ただでは済ませてくれなかったようです。

 純一さんは、彼女が運転する社用車に出くわす機会が続いたようで「ちゃんと言わないとダメだな」という感じで窓ガラスをコンコンと中指でたたいたのですが、彼女はすごい剣幕で罵声を浴びせてきたのです。「アンタ、この責任どうしてくれるのよ。『一緒になれたらいいね』なんて口ばっかり。アタシをだましといて、どういうこと」。

 そして、彼女は純一さんの胸にもたれかかって体を預けてきたので、純一さんは「ふざけるな」と彼女を振り払ったのです。両肩を軽い力で押した程度でしたが、彼女は自動車のボンネットに体をぶつけて「痛い!」と倒れ込んでしまいました。

 その時、空気が一変しました。体格の良い男性2人がいきなりビルの陰から姿を現し、純一さんの両腕をつかんでそのまま締め上げたのです。それは私服の警察官でした。純一さんが呆然としたまま、声を出せずにいると、そのまま警察官にパトカーの中まで連れていかれたのです。自分の身に何が起きたのか、理解不能でしたが、現実の世界で起こっているのは暴行罪による「現行犯逮捕」でした。

 純一さんは、警察署でおよそ信じられない話を聞かされたそうです。彼から暴力を振るわれ、脅かされ、困っている。そして「別れたい」と何度も言っているのに、彼が執拗に付きまとい、ストーカーまがいの行為をしている……。彼女は以前から警察のストーカー対策室に相談していたそう。「それは誤解だ。というかむしろ逆で、俺が被害者、彼女が加害者なんだ。信じてくれ!」と、純一さんが誤解を解こうとしてもムダでした。

 翌日、純一さんが出社すると、待ち構えていたのは人事部長。彼女が人事部へ提出した診断書「右腕の裂傷、背中全体の打撲で全治2週間を要す」を突きつけられたのですが、純一さんは今回の件で完全に出世コースから外れ、東京の本部から仙台支店へ転勤を命じられてしまいました。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント