オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

サイトで知り合った男の子どもを妊娠した36歳女性、男が妻子持ちで慰謝料の恐怖(上)

妻と娘の存在をカミングアウトされ…

「分かったのは(妊娠)1カ月目です。彼はすごく喜んでくれると思ったら冷静でした。『うれしくないの?』と聞くと『うれしいけれど身の引き締まる思いだ』と言い、私の体を気遣ってくれました」

 里佳子さんは、そんなふうに当時の心境を振り返ってくれましたが、婚活サイトで知り合った彼の子を身ごもっていたのです。彼は最初から「(子どもが)できたら一緒になろう」と約束してくれたそう。だから、里佳子さんはわざわざ避妊具をつけるよう頼まなかったのですが、膣内射精をすれば妊娠するのは当然といえば当然。とはいえ、知り合って3カ月目で新しい命を授かるというのは予想外だったようです。

 妊娠と結婚の順番が逆とはいえ、「できちゃった婚」はよくある話なので、里佳子さんが無事、彼と籍を入れることに成功したら、今回わざわざ取り上げる必要はありません。彼は「実は…」と前置きした上で、自分が独身ではないこと、2つ下の妻がおり、妻との間には8歳の娘がいることを突然、カミングアウトしたのです。

 婚活サイトは未婚者しか利用できないので、サイト上の彼のプロフィールは「未婚」と表示されていたのに、実際には「既婚」だったのです。「独身証明書」の提出を求めない運営会社も悪いのですが、もっと悪いのはうそをついた彼の方でしょう。

「何だか彼がかわいそうに思えてきて…」

 里佳子さんはそうやって懺悔(ざんげ)しますが、彼の妻はだらしない性格で引きこもり状態。四六時中、家にいるのに家事をろくにやらず、例えば、彼が魚を食べられないのに平気で魚料理を出され、彼が文句を言うと「もう作らない」と逆ギレする始末。

「既婚の人と付き合うつもりなんてなかったし、彼とお別れすることも考えました。でも、彼のことが好きだったし、子どもも大好きだからうれしかったんです」

 里佳子さんはそんなふうに弁明しますが、彼が妻の愚痴(ぐち)をこぼし始めたので、里佳子さんはこれ以上、彼を責める気にならず、現実をありのまま受け入れることにしたのです。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント