オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

外出時に出る「使用済みオムツ」、どう処理すべき? 友人宅で捨てるのはマナー違反?

公園や友人宅に出かけた際、扱いに困ることが多い使用済みオムツ。適切な処理方法や覚えておきたいマナーについて、専門家に聞きました。

外出時のオムツ処理、どうする?
外出時のオムツ処理、どうする?

 オムツ離れしていない子どもを連れて外出する時に気になるのが、「使用済みオムツ」の処理です。百貨店や小児科、ショッピングセンターなど、子ども連れが来ることを想定している施設には、オムツ交換台やベビーベッド、さらには専用のゴミ箱などが備え付けられていることがあります。しかし、公園などの屋外や友人宅など、専用のスペースがない場所を訪れた際には、使用済みオムツの処理に困った経験のある人も多いのではないでしょうか。

 使用済みオムツの処理方法や覚えておきたいマナーについて、著書に「1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ」(日本実業出版社)などがある子育て本著者・講演家の立石美津子さんに聞きました。

オムツ替えができる場所を事前にリサーチしておく

Q.子どもと一緒に長時間の外出をする際、オムツの処理についてどんなことに気を付けるべきでしょうか。

立石さん「赤ちゃん連れの外出はオムツ交換を伴うので気を使うものです。レストランやレジャー施設など、目的地によってはオムツ換えのスペースがない場合もあります。前もってリサーチしておくとよいでしょう。最近は、駅に多目的トイレが設置されていることが多いので、目的地に適切な場所がなさそうであれば、駅で交換してから向かうのも一案です。

オムツ用ではない公共のゴミ箱に、使用済みオムツを捨てるのはNGです。通り道にあるコンビニのゴミ箱に捨てるのはやめましょう。公衆トイレの生理用品用の汚物入れにオムツが突っ込んであることがありますが、これもNGです。

また、まれにファミリーレストランなど飲食店のボックス席で、履かせるタイプのオムツをササッと取り替える人がいるようですが、食欲を減退させるので厳禁です。たとえ、身内や親しい友人との席であっても必ず場所を変えて、お手洗いなどで行いましょう。空間を共にする皆が気分よく過ごせるよう、『自分がされたらどう思うか』に視点を置き、賢い行動をすることが大切です」

Q.友人の家を訪ねる場合はどうでしょうか。

立石さん「子連れでママ友の家へ遊びに行く時、長時間滞在すると、どうしても汚れたオムツがたまってしまうものです。私自身、ママ友の家を数人で行き来していた子育て時代は『よその子のオムツをうちに置いて帰られたら嫌だなあ』と思っていました。ある家にお邪魔した際には、友人から『うちで捨てて帰っていいよ』と言われたものの、『自分だったら不快に思うことを相手にしていいものかどうか』と迷ったこともあります。

もし、その地域で可燃ゴミを出せるのが数日後だったとしたらどうでしょうか。使用済みオムツを4~5個も置いていかれると臭ってしまいます。日頃、親しくしている間柄であっても相手の事情に配慮すべきでしょう。

そうした意味で、無断で友人宅に使用済みオムツを捨てて帰ったり、自分から『オムツ捨てていい?』と聞いたりするのはマナー違反です。また、親しい間柄の友人宅で、相手から使用済みオムツを置いていくように申し出があった場合でも、汚物をオムツにくるんだままゴミ箱に入れるのはNGです。大便はトイレに流し、臭いが漏れないように使用済みオムツをビニール袋に入れてしっかりと結び、相手に指定された専用のゴミ箱に捨てましょう。『親しき中にも礼儀あり』です」

(ライフスタイルチーム)

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

聖心女子大卒。幼稚園・小学校・特別支援学校教諭免許を取得後、20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。自閉症児の母。著書は「1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方」など多数。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント